2013年3月16日土曜日

フラワーC展望 2013


過去のラップタイムは以下の通り。

2012 12.5-12.1-12.8-13.0-12.9-12.5-12.3-12.3-12.9
2011 12.6-10.9-11.2-12.1-12.2-12.1-11.5-11.6-12.8(注:阪神開催)
2010 12.3-11.5-12.7-13.1-12.9-12.7-12.1-11.7-11.3
2009 12.3-11.4-12.0-12.4-12.5-12.5-12.0-11.5-12.7
2008 12.8-12.0-13.0-11.9-11.7-12.0-12.0-11.8-12.3
2007 12.5-11.3-12.6-12.4-12.2-12.7-12.1-11.6-12.2
2006 12.3-11.3-11.9-12.0-11.8-12.4-12.0-12.3-12.9
2005 12.8-11.7-12.9-12.4-12.1-12.5-11.7-11.3-11.6
2004 12.4-11.8-12.9-12.2-12.4-12.6-12.0-12.0-12.6
2003 12.7-11.8-11.9-11.7-11.6-12.5-12.1-12.4-12.8

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.51-11.66-12.52-12.34-12.23-12.49-12.03-11.88-12.37
1.50.03




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~ややゆったりした流れ、道中は
この時期の牝馬戦としてはある程度締まった展開で、勝負所はしっかり加速して
ラスト1Fは少し落ちる形。

逃げ馬が押し切るケースも目立つレースではあるが、上がり自体がそれほど速い
という訳ではなく、むしろ前半or道中で後続がある程度脚を使わされて、極端な
決め手を発揮できないのに対して、逃げ馬は勝負所でギリギリまで我慢できる
利を活かして、直線で一気に突き放せる…ということが大きい。

したがって今回も当然逃げ馬には注目しておく必要はあるが、どんな脚質でも
道中のスピードに対応して、終いまで脚を残すための持続力と、4コーナーで
遅れをとらないための切れは必須になる。


好走する条件
・切れ&持続力があること


予想

◎ブリリアントアスク
前走は引っ張られる展開を最後まで伸び切っているし、前々走ではしっかりと
速い脚も示していて、とりあえず、着順以上の裏付けを持っている馬。
タイプ的には距離延長はプラスに思えるし、今の中山ならば届いても良さそうに
思える。注目しておきたい。

○エバーブロッサム
前走は持続型の展開を積極的に動き、最後まで踏ん張り通していて、機動力&
持続力という部分は一応示した。
現状ではデータ的に速い脚は示していない格好になるが、前走の内容から恐らく
問題なさそうだし、ここで嵌っても良さそうな雰囲気。

▲カラフルブラッサム
少しゆったりしたタイプで、"止まらない"という方向の馬なので、このくらいの
条件がやはり合っていて、地力から言っても当然上位の扱い。
ただ一瞬の加速…という部分がない馬なので、勝負所で遅れを取る可能性が常に
あって、勝ち切れるかどうかは結局微妙。

注ダイワポライト
裏付け的にはあと1つではあるが、前走はスローな展開を最後方からしっかりと
追い上げているし、ここの展開に嵌っても良さそう。
浮上の可能性としてはしっかり考えておきたい。

△エクスパーシヴ
データだけを見ればパフォーマンス自体は低くなく、ここでも上位扱いでも良さ
そうなのだが、レースの内容的には何だかチグハグ…な印象。
まともに力を出し切れるのであれば…という条件付きで、一応は注目したい。





スポンサーリンク
ランキング参加中♪

にほんブログ村 競馬ブログへ



0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。