2013年3月2日土曜日

オーシャンS展望 2013


過去のラップタイムは以下の通り。

2012 11.9-10.4-11.1-11.4-11.6-12.8 33.4-35.8
2011 12.0-10.6-11.0-11.5-11.2-11.5 33.6-34.2
2010 11.9-10.4-11.1-11.4-12.1-12.9 33.4-36.4
2009 11.8-10.6-11.0-11.4-11.7-12.7 33.4-35.8
2008 12.0-11.0-11.1-11.4-11.2-12.2 34.1-34.8
2007 11.8-10.5-11.2-11.6-11.3-11.8 33.5-34.7
2006 12.1-10.4-10.8-11.3-11.3-12.7 33.5-35.9

過去7年の平均ラップタイム
11.93-10.56-11.04-11.43-11.49-12.37
1.08.81 33.56-35.37




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、2F目以降は基本的にはしっかり
減速していく展開で、ラスト1Fはガタっと落ちる形になっている。

このレースの特徴は(このコースらしく)やはり前半部分の速さで、基本的には
ハイペースからの持久力勝負が想定できる。

そうなれば当然、厳しい展開を浮上した、もしくは粘り込んだ経験を持っている
タイプが中心になることは間違いなくて、例えば京都などの、ある程度上がりの
速い舞台で(のみ)実績を示しているタイプの扱いには注意しておきたい。


好走する条件
・持久力があること


予想
時間がないので簡潔に。

◎サクラゴスペル
ラピスラズリSの内容は単純に強い。やや時計が掛かる馬場ながら、絶対的な
スピードという点でもイメージを1つ更新した。ここは普通に期待できる。

○サドンストーム
基本的には引っ張られる展開で、前がある程度止まることが条件。
この舞台ならば嵌る可能性は十分あるはず。

▲ラフレーズカフェ
前々走のように、ある程度しっかり引っ張られても浮上できる…という部分は
見せていて、このメンバーであれば普通に出来ても良さそうな印象。

注エーシンヒットマン
あまり条件に当てはまらない馬が多い中、ハイペース地力勝負に対する適性で
考えれば普通に上位。状態次第では勝ち負けしてもおかしくない。

△ダッシャーゴーゴー
持続力or切れを発揮したいスプリンター。ハイペースで引っ張られた場合の
不安は、ここでは常にある。勝ち切った2年前のようにペースが落ち着けば。

△ハクサンムーン
前半から飛ばして粘るというよりも、持続力を活かしたいタイプで、脚質は違う
ものの、イメージ的にはダッシャーゴーゴーに近い。中山はどうか…。




スポンサーリンク
ランキング参加中♪

にほんブログ村 競馬ブログへ



0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。