2013年11月30日土曜日

金鯱賞展望 2013


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 12.9-11.1-13.0-12.7-11.9-11.8-11.8-11.7-11.5-12.0

参考:2012年ラップタイム



傾向
中京2000mは、前半ゆったり入って、道中~勝負所に掛けて徐々にペースアップ
していき、直線の坂でしっかり脚を使って→ラスト1Fは惰性…という形が基本。
(道中以降はなかなか息を入れられず、直線半ばまでに力を使い切る構造)

そのような展開から、ここはサバイバル的な要素が強く、持久力&持続力が相当
厳しく問われる舞台だと言える。
その結果「普段間に合わない馬が間に合う」というイメージになる。

脚質的には、やはり前の馬には厳しくて、差し馬中心になると思うが、開幕初日
ということで、内からじっくりと進めるような形が嵌りそうな雰囲気ではある。


好走の条件…かも知れない
・持久力&持続力があること


予想

◎シャドウバンガード
どちらかと言うと2200mへの出走が多い馬だが、ここは前半ゆったりとする分、
スピードでの淘汰ということがなく、むしろその手のタイプの方が嵌る舞台。
現状準OPも勝ち切れていない訳だが、締まった展開からのロングスパート戦に
なった赤倉特別の内容は秀逸で、いきなりここで出来ても良さそうな水準。
枠的にもいい所に入ったし、ここは期待してみたい。

○メイショウナルト
前走はさすがに物足りない結果ではあったが、馬体重も増えていて、状態も微妙
だったし、適性面でもやはり長い直線を伸び切る…という方向ではないのかも。
(その点は個人的にもイメージを更新しておきたい)
この舞台では関ケ原Sで、道中~上がりに掛けてなかなかの内容を示していて、
前半を少し受け流せれば十分に出来そう。オールカマーくらいのイメージなら。

▲カレンミロティック
垂水Sの内容は相当強いし、下鴨Sや近江特別などではそれなりの持続力を発揮
していて、実力的には普通に上位扱いでいいはず。
本質的には溜め→切れという方向の馬には思えるので、道中が極端に締まったり
すると厳しくなるかも知れないが、ある程度までは能力でカバー出来そう。
あとは前半を少しでも受け流せれば。

注フラガラッハ
中京記念を連覇したように、ゆったり走法&地脚が強いという部分で、脚の使い
方的にこの舞台にはやはり嵌る。
それで2000mが持つのか…という問題はあるが、天皇賞でも道中極端に脚を使い
つつも止まり切ってはいないし、前半がゆったりするここでの前進はあり得る。

△オーシャンブルー
昨年はここを強い内容で勝ち切ったが、その直前のアルゼンチン共和国杯では
しっかり中身のある負け方をしていた。
それを考えると、近走では軸がしっかりとしていないようにも見えるし、単純に
適性で負けている訳でもなさそうで、本来の力を発揮できるのか微妙…。

△ラブリーデイ
馬体的な特徴から、瞬間的な加速は微妙で、持続力という方向でこその馬。
その点、小倉で結果を残したことは納得できる。
それを考えると、基本的にはここでもある程度出来て良さそうだが、直線で一応
しっかりした脚が必要な舞台なので、その部分で遅れをとる可能性は少しある。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事