2014年8月9日土曜日

レパードS展望 2014


過去のラップタイムは以下の通り。

2013 12.4-11.2-12.1-12.7-12.6-12.3-12.5-12.2-12.3
2012 12.6-10.9-12.1-13.2-12.6-12.6-13.0-12.1-12.7
2011 12.2-10.8-12.3-13.7-13.2-12.4-12.8-11.9-12.7
2010 12.4-10.8-12.2-12.8-12.3-12.8-13.2-12.4-12.9
2009 12.5-11.1-12.1-12.0-12.0-12.4-12.4-11.6-13.4

過去5年の平均ラップタイム
12.42-10.96-12.16-12.88-12.54-12.50-12.78-12.04-12.80
1.51.08




傾向(過去記事の転載)
過去のラップタイムを見て、とりあえず目立っているのが前半の速さで、そこで
確実に引っ張られることから、後半部分では高い持久力が問われることになる。

その後の道中の水準に関しては少しバラついているが、展開的に小回りでキツい
コーナーで減速→直線でしっかりと加速…という部分は共通していていて、当然
その部分で力強い脚を使えることが必要となる。

したがってここでは、まずは速いペースに引っ張られた経験というのが物を言う
はずで、そのレースでしっかり粘り通せたor浮上できた…という裏付けを取って
おきたいイメージ。


好走する条件
・高い持久力が必要
・一定の切れがあること


予想

◎アスカノロマン
前走・濃尾特別は、好位から高い水準の道中を進めて、尚且つ直線ではしっかり
とした脚を使って快勝していて、内容的にここへのつながりが十分に意識できる
ようなパフォーマンスだった。
今回は相手もある程度しっかりした裏付けを持っている馬が多いが、その中でも
地力&適性の両面から考えて最も信頼はしやすい印象。期待したい。

○ノースショアビーチ
JDDでは、前半かなり速い流れを番手から進めて、3コーナー手前から先頭に
立つ格好から溜め→切れを発揮して、最終的には僅差の4着に粘り込んだ。
そのレース自体、全体的に水準も高かったので、地力の部分でも十分な裏付けに
なったし、内容を考えてもここへの適性は十分に感じられる。
今回は2番手評価にはしたが、相手の内容次第では当然頭まであっていいはず。

▲ジャッカスバーク
三浦特別は、レッドアルヴィスと比較すれば展開面で嵌った格好になるのだが、
この馬自身も前半~道中でかなり脚を使った内容になっていて、地力は十分に
認められるはず。
また前々走の内容を含めて考えると、溜めが効いて→しっかり切れを発揮できる
部分で、ここでは適性的に前進があっても良さそうなイメージ。注目したい。

注レッドアルヴィス
地力に関しては、前々走の超ハイペースを好位から粘り込んだ内容と、前走での
重賞を完勝した内容を考えれば当然上位扱いになる。
ただし前走の内容的に、レース自体は切れが問われる形ではあったのだが、この
馬自身は"溜め"に付き合わず一本調子気味に外寄りをすーっと浮上した格好で、
適性的にこの舞台にピッタリ嵌るイメージではなさそう。強くは推し切れない。

△ランウェイワルツ
単純に前走のパフォーマンスだけを考えれば何の文句もない内容を示していて、
ここでも当然上位に扱っていいはずだが、相手関係的に、その時この馬よりも
厳しい競馬をしたノースショアビーチを交わせなかった…というのは微妙。
脚質的にも不利な立場だし、これ以上の評価は難しい。

△アジアエクスプレス
地力の部分では、相変わらず評価を下げる必要はないはずだし、ここで巻き返す
可能性も十分あっていいと思うが、前走の敗因が切れ負けということであれば、
結局は今回も適性的には微妙…ということになる。
前回とは違って外枠というのはいいはずだが、それだけでは少し推しづらい…。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事