2014年8月22日金曜日

関屋記念回顧 2014


レース総括
■道中がかなり締まった形から→直線で一応しっかり加速する展開
■スピード耐性&切れが問われた


関屋記念結果
クラレント1.32.5 33.8 06-05
ダノンシャーク1.32.6 34.2 03-03
サトノギャラント1.32.7 33.6 15-14
エクセラントカーヴ1.32.7 33.7 12-13
ブレイズアトレイル1.32.9 34.3 08-05

天候:曇 芝:稍重
上り4F:46.0 3F:34.4
前半4F:46.5
12.6-10.9-11.4-11.6-11.6-11.5-10.8-12.1




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半は平均強くらいのミドルペースで、道中は相当に
締まった展開になり、(そのまま勝負所まで緩まないまま)直線で一応加速して
→ラスト1Fはしっかりと落ちる形。

今回の特徴はやはり道中の速さで、とりあえず一定以上のスピード耐性を備えて
いなければ話にならず、"マイラー"としての資質が物を言ったイメージ。
さらに展開としては、このコースらしく直線で一応加速が入っているため、適性
面では当然切れが問われた格好。

脚質的には、さすがにの展開なので(前半であまり脚を使っていない)差し馬に
ハッキリ向いたと言えそうで、次戦以降に関しては、やはり好位からの好走馬の
更なる前進&積極策から負けた馬の巻き返し…などに注目したいところ。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

クラレント
今回は多少低めの位置取りから進めたことで、前半じっくり→勝負所でしっかり
脚を使って→ラスト惰性を効かす…という得意な競馬を出来たことが大きい。
それでもこの馬自身も道中はある程度高い水準で進めた格好なので、その点での
パフォーマンスは更新してきた印象で、やはり一定の格を示した扱いにはなる。
そしてレースがこれくらい流れても脚を削られない…というのであれば、今回の
ように程良く控える競馬ならばG1でもう少し何とかなっても…という感覚にも
なるし、この先、鞍上がどう乗るのか?も含めて当然注目はしていきたい。

ダノンシャーク
同じように先行した周りの馬が直線で沈む中、58kgを背負いながらしっかり勝ち
負けを演じた…という文句なく強い内容。しっかりと格を示した。
この馬の場合、最後の最後にこれ!という決め手に欠ける印象があるので、結局
G1のタイトルに手が届くかどうか?は微妙にはなるが、今回の内容を受ければ
当然この先もこの路線の中心近くで活躍はしていくはず。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事