2018年5月19日土曜日

平安S展望(ラップ傾向&予想)2018



過去のラップタイム

2017 6.9-10.6-11.1-12.5-12.1-12.1-12.4-12.5-12.6-12.9
2016 7.0-11.3-12.0-12.8-12.2-12.0-11.7-11.9-12.4-12.9
2015 7.0-11.1-11.3-12.8-12.6-11.9-11.7-12.0-12.2-12.5
2014 6.8-11.0-11.7-12.8-12.7-12.7-12.4-12.0-11.8-12.7
2013 7.0-10.7-11.0-12.6-12.9-13.2-12.9-12.1-12.0-12.5

~東海S時代~
2012 7.0-10.9-11.4-12.7-12.7-12.9-12.3-12.0-11.9-12.6
2011 6.7-11.7-11.6-12.4-12.1-12.1-11.8-11.7-11.4-12.2
2010 7.0-10.8-11.5-12.8-12.5-12.5-12.3-11.9-12.0-12.1

過去8年の平均ラップタイム
6.93-11.01-11.45-12.68-12.48-12.43-12.19-12.01-12.04-12.55
1.55.75




ラップ傾向

(過去記事の一部修正)

1900mは1800mと比べて最初の直線が長いためか、このコースでは前半が
速くなって、その分道中一旦落ち着く形から、勝負所はある程度加速する。

つまりここで重要なのは、「速→遅→速」というリズムに対応できること。
具体的には、脚を溜めるべき道中で、無駄脚を使わないための持久力を備えて
いることが必要になる。

上がりの部分に関しては、仕掛けが早くなりがちな舞台なので、ラスト4Fを
しっかり伸び切れることも当然重要だが、それ以上に、単純にここの速い
上がりに対応するための性能を、まずは重視したいところ。

※近年、締まった展開から→ラストの粘り勝負が続いているが、コース自体の
傾向も踏まえて、もうしばらく上記の考え方を踏襲したい。


好走の条件
・持久力&決め手があること



予想

↑締まった展開を"傾向"とすることは見送ったものの、テイエムジンソクが
いるので、結局近年と同じような展開もあり得る。
⇒高い水準に対応出来て、上がりもまとめられるようなタイプを中心に。
(何だかんだ2頭だが)

◎グレイトパール
前走は、骨折からの休み明けという状態で、尚且つタイプ的に少し忙しそうに
見えたスピードレース。それでも勝ち切ったのは地力としか言いようがない。
昨年のこのレースのパフォーマンスが破格中の破格だったので、実際に現状、
その水準に達しているか?は分からないが、今回1度叩いての上積みはやはり
大きいだろうし、周って来れば普通に勝ち負けはするはず。
展開にも依らないタイプだし、ここは当然推したい。

○テイエムジンソク
昨年の夏以降に示してきたパフォーマンスは、やはり相当に高い。
この舞台に対しては、少し一本調子過ぎる…と思える部分もあるにはあるが、
チャンピオンズCで一定の上がりは見せた訳だし、そもそも東海Sのように
自ら展開を締め付けてしまえば、特に問題もなくなる。
水準&上がりを示している相手に対しては分が悪そうだが、他には威張れる。

▲コスモカナディアン
放っておくとすぐにナメられるが、東海S&仁川Sでは、今回のツートップに
対して、他が完敗する中で1頭だけ食らいつく競馬。
そしてその2戦が、それぞれ持久力&決め手の十分な裏付けになっている。
タイプ的には、はっきり持久力方向なので、前走のようなスピードに特化した
ような展開での負けは度外視していいし、ここは巻き返しに期待したい。

注ミツバ
地力は当然上位の存在で、厳しい展開への対応&決め手ともに一定のものは
しっかり示している。
ダートのトップクラスとしては馬格のある方ではないので、この手の舞台で
(締め付けられて→)最後"惰性力"が問われた場合の不安はあるのだが、雨の
影響を受けた馬場なら、速いピッチでも止まりづらい…かも。やはり注目。

△ナムラアラシ
同舞台・アルデバランSの、道中~上がりで示したパフォーマンスは高くて、
その内容だけでも、とりあえずは上位扱い。
前走は、(ダッシュがつかなかったにしても)前半さすがにサボり過ぎで、
道中極端に脚を使ったことで→上がりが伸びなかった…という内容。
今回それなりの追走をすれば、巻き返しはあっても良さそう。

△サンライズソア
データ的に、長めの距離で示しているパフォーマンスは、どちらかと言うと
距離短縮の方向を指している印象。なので本質的にはここではないのかも。
しかし、実際に(長い所でも)強い競馬は出来ているし、最後の惰性が効く
馬なので、テイエムジンソクが締め付ける展開への親和性は高そう。
前走のようなことさえなければ、やはり好走はあり得る。



スポンサーリンク
ランキング参加中♪

にほんブログ村 競馬ブログへ



2 件のコメント:

  1. いつも参考にさせてもらってます。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      こちらのサイトでもよろしくお願いします。

      削除

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。