2019年7月28日日曜日

アイビスサマーダッシュ展望(ラップ傾向&予想)2019



まとめ
  • 速い流れの中で、ある程度緩急の付く展開。
  • トップスピードの持続力が問われる。
  • 予想◎ライオンボス

過去のラップタイム

2018 11.8-10.0-10.3-10.1-11.6 53.8 32.1-32.0
2017 11.8-10.0-10.4-10.3-11.7 54.2 32.2-32.4
2016 12.0-10.2-10.6-10.1-11.2 54.1 32.8-31.9
2015 12.1-10.0-10.4-10.1-11.5 54.1 32.5-32.0
2014 11.6-10.1-10.5-10.5-11.6 54.3 32.2-32.6
2013 11.9-10.4-10.6-10.3-11.0 54.2 32.9-31.9
2012 11.6-9.9-10.6-10.2-11.9 54.2 32.1-32.7
2011 11.8-10.0-10.5-10.0-11.5 53.8 32.3-32.0
2010 11.6-9.9-10.3-10.1-12.0 53.9 31.8-32.4
2009 11.9-10.2-11.0-10.3-12.8 56.2 33.1-34.1

過去10年の平均ラップタイム
11.81-10.07-10.52-10.20-11.68
54.28 32.40-32.40(←奇蹟♪)




ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、スタートから一気に加速して、2F目でスピードが頂点に
達し、3F目でほんの少し落ち着いた後、再度加速しつつ、ラスト1Fはしっかりと
落ちる…という展開で、全体としては前後半イーブン~やや前傾といった形。

とにかくここでは、現行競馬の最高レベルのスピードに対応できることがまずは
重要になるが、レースの形としては、ハイペースからの粘り勝負というよりも、
どれだけトップスピードを維持できるか…という戦いになるために、高い持続力
(筋持久力)を備えていることが必要となる。

脚質的には、必ずどこかの区間で10秒台(/F)のラップを刻まなければならない
レースの性質上、他力本願的に地力で差してくるような馬では厳しく、持続力の
高い先行馬と、自ら押し上げて行けるような切れを持ち、上がりの性能が高い
差し馬が狙い目になりそう。


好走する条件
・トップスピードの持続力があること



予想

元々はライオンボス→カッパツハッチという序列で、前を中心に考えていたの
だが、夜間にまとまった雨が降って、それが日中にも少し残りそうな予報。
⇒頭は結局変更しないが、2番手以降は後半型を積極的に上げた序列に。

◎ライオンボス
同舞台の前走&前々走は、斤量は軽かったものの、ともに高いパフォーマンス。
特に前走は(個人的な指数の中で)ほとんど見たことのない数字になっていて、
とにかく相当。(カルストンライトオまでには至っていないが…さすがに)
内容的にも、前走は飛ばして→粘る形、前々走はそこそこのペースで入りつつ
→末を伸ばす形で、展開に依らない…という部分でも価値は高い。
今回は、+3kgになる斤量、直前での鞍上の乗り替わり…と、不安な部分も当然
あるが、久々に出現した千直の化け物的な存在。素直に期待してみたい。

○ミキノドラマー
ハイレベルな韋駄天Sで3着。上位2頭が前半から飛ばした一方で、こちらは
控えた格好なので、(馬場があまり良くない5月開催…ということを考えると)
少し価値は落ちるが、久々の状態でもあったし、一定の評価はやはりできそう。
このコースではこれまでに7回馬券に絡んでいる中で、そのどれもが見事に7月
&8月を避けた形になっている…という喜ばしくない事実もあるが、馬場のいい
時期がダメ…ということは⇒逆に馬場悪化での前進は見込めるはず。注目。

▲ダイメイプリンセス
昨年はここで勝利。その2走前の韋駄天Sの内容も含めて高いパフォーマンスを
発揮していて、この舞台ではやはり有力な存在。
近走は物足りない結果になっているが、前走などは牝馬ながら57kgを背負う立場
だった中で、先行力を発揮しつつ→そこそこ粘っていて、内容は悪くなかった。
内枠に入ったことはもちろん微妙だが、実力&適性的に、とりあえず巻き返す
可能性は考えておきたい。

注アルマエルナト
韋駄天Sで4着。この馬も末を伸ばす形での浮上で、夏開催に向けては本来は
前進とは言えないのだが、馬場悪化の可能性が出てきたことで、方向転換。
前が実質的に脚を使い過ぎる格好になれば、十分出番は回ってきそう。
もちろん、流れにしっかり乗り切れるか?という点は問題だが、それさえクリア
出来れば、そこそこのパフォーマンスを示している8枠の馬。感覚としては急に
妙味すら感じてくる。注目しておきたい。

△カッパツハッチ
前走は、前半飛ばしつつ→粘り込んだ強い内容。この馬も斤量は軽かったが、
パフォーマンスは十分に高く出ているし、やはり上位の扱い。
ただし、末を伸ばす…という方向でも強力な裏付けがあるライオンボスと比較
すると、道悪の実質厳しい展開の中で、もう1つ変化をつけられるか?は微妙。
距離の融通が利く馬だし、杞憂に終わるのかも知れないが、最後の部分で感覚
的に少し下げたくなった。

△レジーナフォルテ
ここでは一昨年3着、昨年4着。2走前の同舞台・韋駄天Sはいいところがなく
9着に敗れたが、その時は実質トップハンデ。ライオンボスとの比較では、今回
相手がそこから+3kgになるのに対してこちらは-1kgで、4kg分の差が詰まる。
前走などは、差し優勢の展開で好位からしっかりと粘っていて、状態も良さそう
だし、本来はもう少し高い評価にするつもりだったのだが…道悪。
重馬場のルミエールADでの好走はあるが、ここではそれだと少し足りない…。

☆フェルトベルク
前走は、2勝クラスの基準ではあるものの、一応水準の高いレースで勝利。
ラップ的にも距離短縮のここにつながっていい内容になっているし、とりあえず
可能性は考えてみたいところ。
結局のところ、まずは実力的にどこまで?ということにはなるのだが、8枠を
引いた幸運もあるし、ピックアップはしておく。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事