2020年6月18日木曜日

エプソムカップ回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • 前半~道中が締まって→最後は落ち込む展開。
  • 持久力&持続力が問われた。

エプソムC結果

ダイワキャグニー1.47.7 36.1 03-02-02
ソーグリッタリング1.47.9 36.0 06-05-04
トーラスジェミニ1.47.9 36.7 01-01-01
アンドラステ1.47.9 35.6 06-08-07
アトミックフォース1.48.0 36.3 02-03-03
サトノアーサー1.48.0 35.8 09-08-07

天候:曇 芝:不良
上り4F:48.6 3F:36.5
前半1000m:59.1
12.5-11.2-11.6-11.9-11.9-12.1-11.8-11.9-12.8




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半からしっかりと流れて、道中もなかなかスピードが
落ちない展開。勝負所では大きな加速は入らずに→最後は落ち込んだ。

今回の特徴は、(掛かる馬場を考えれば特に)前半~道中が締まったこと。
淀みのない流れから→最後は粘り勝負になり、適性的には当然持久力&持続力が
問われた。

位置取り&コース取り的には、好位&内寄りの馬がハッキリと優勢に。
この日は直線で馬群全体が内を大きく空けるレースが目立っていたが、実際には
インを突いての好走も普通にあった(ほぼレーンJだが)。

その中でこのレースでは、直前の10Rで唯一インを突いた馬が勝ち切ったことが
引き金になったのか、前が外に向かうことはせず→内でそのまま押し通した形。

雨が上がって多少変化した部分もあったかも知れないが、ジョッキーたちが荒れ
馬場に敏感になり過ぎていた可能性はありそうで、シンプルに距離ロスを抑えた
方が(実は)正解だったのかも知れない。

この先に向けては、今回は厳しい展開ではあったので、上位陣にとっても地力の
裏付けとしてしっかり機能していくだろうし、その一方で外を回して負けた馬の
巻き返しにも一応注目はしてみたいところ。それぞれの挙動をチェックしたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ダイワキャグニー
走る毎に(自分の中の)イメージがブレていくような馬だが…。
とりあえず今回は、時計が掛かり、内が荒れている状態ではあるものの、むしろ
内優勢という馬場。その中での締まった展開からの→粘り勝負。
(結果的に)ジャパンCで粘り込んだ時と近い条件での勝利で、JC6着馬の
本領発揮…といったところ。
この馬自身、東京巧者であることは間違いないだろうが、個人的にその理由は
"坂上での強さ"という見方をしていて(繋の形状由来のバネで→惰性が効く)、
スローの金鯱賞1戦しか経験はないが、おそらく中京巧者でもある。
差し馬がハマる状況では厳しくなることもあるが、今回のように後ろがコケる
状況や、シンプルな後傾戦などでの"止まらない"強み。この先も展開や馬場を
見極めた上で(それが断トツで難しいが)注目はしていきたい。

アンドラステ
他の上位がコーナーを比較的ロスなく回しつつ→直線は馬場の3~4分所までを
通って来たのに対して、この馬は勝負所外を回して→直線(途中からは少し切り
込んだが)外寄りから唯一の浮上。
オルフェーヴル産駒でこの馬場への適性もあっただろうが、他の外差し勢は直線
半ばで早々と諦めていた訳だし、4着でもこれは価値が高そう。
全体のパフォーマンスも当然しっかりと更新して、道中水準の部分の裏付けも
2~3枚くらい一気に更新。次戦以降、当然その活躍に期待したいところ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事