2008年11月29日土曜日

ジャパンCの傾向 2008


過去のジャパンCラップタイム
過去のラップタイムから傾向を探ってみる。

2007(アドマイヤムーン:2.24.7)
12.9-10.7-12.0-12.3-12.2-12.7-12.8-12.6-12.2-11.3-11.1-11.9

天候:晴 芝:良
上り4F:46.5 3F:34.3
前半1000m:60.1
勝ち馬コーナー通過:05-05-06-04
勝ち馬上り3F:33.9


2006(ディープインパクト:2.25.1)
13.1-11.5-12.4-12.1-12.0-12.7-12.7-12.4-11.9-11.5-11.3-11.5

天候:小雨 芝:良
上り4F:46.2 3F:34.3
前半1000m:61.1
勝ち馬コーナー通過:11-11-11-07
勝ち馬上り3F:33.5


2005(アルカセット:2.22.1)
12.5-10.7-11.5-11.8-11.8-11.9-12.0-11.8-11.8-11.9-12.0-12.4

天候:晴 芝:良
上り4F:48.1 3F:36.3
前半1000m:58.3
勝ち馬コーナー通過:13-12-09-09
勝ち馬上り3F:34.8


2004(ゼンノロブロイ:2.24.2)
12.8-11.2-11.9-11.7-11.8-12.0-12.3-12.8-12.7-11.7-11.4-11.9

天候:晴 芝:良
上り4F:47.7 3F:35.0
前半1000m:59.4
勝ち馬コーナー通過:07-07-07-06
勝ち馬上り3F:34.3


2003(タップダンスシチー:2.28.7)
12.9-11.7-13.1-12.4-11.8-12.2-12.2-12.8-12.2-12.0-12.4-13.0

天候:曇 芝:重
上り4F:49.6 3F:37.4
前半1000m:61.9
勝ち馬コーナー通過:01-01-01-01
勝ち馬上り3F:37.4


~改修工事~


2002(ファルブラヴ:2.12.2)(注:中山2200m開催)
12.8-11.4-12.4-12.2-12.1-11.7-11.9-11.7-11.6-12.0-12.4

天候:曇 芝:良
上り4F:47.7 3F:36.0
前半1000m:60.9
勝ち馬コーナー通過:07-06-05-05
勝ち馬上り3F:35.6


2001(ジャングルポケット:2.23.8)
12.9-11.0-12.4-12.7-12.6-11.5-11.2-11.6-12.2-12.5-11.2-12.0

天候:晴 芝:良
上り4F:48.9 3F:36.7
前半1000m:61.6
勝ち馬コーナー通過:10-09-11-10
勝ち馬上り3F:34.9


2000(テイエムオペラオー:2.26.1)
13.1-12.0-12.9-12.5-12.5-12.4-12.1-11.6-11.4-11.9-11.7-12.0

天候:晴 芝:良
上り4F:47.0 3F:35.6
前半1000m:63.0
勝ち馬コーナー通過:06-05-07-07
勝ち馬上り3F:35.2


1999(スペシャルウィーク:2.25.5)
12.9-11.2-12.2-12.0-11.9-12.2-12.0-12.1-12.3-12.7-11.2-12.8

天候:晴 芝:良
上り4F:49.0 3F:36.7
前半1000m:60.2
勝ち馬コーナー通過:09-10-09-06
勝ち馬上り3F:35.9


1998(エルコンドルパサー:2.25.9)
13.4-11.1-12.2-11.9-11.9-12.0-12.7-12.6-12.5-12.6-11.2-11.8

天候:晴 芝:良
上り4F:48.1 3F:35.6
前半1000m:60.5
勝ち馬コーナー通過:02-03-03-02
勝ち馬上り3F:35.0


1997(ピルサドスキー:2.25.8)
12.8-11.4-12.1-12.1-12.4-12.5-12.6-12.5-12.3-12.1-11.4-11.6

天候:晴 芝:良
上り4F:47.4 3F:35.1
前半1000m:60.8
勝ち馬コーナー通過:09-09-05-06
勝ち馬上り3F:34.6


1996(シングスピール:2.23.8)
12.6-11.0-11.9-11.8-12.1-12.0-12.1-12.0-12.1-12.5-11.7-12.0

天候:晴 芝:良
上り4F:48.3 3F:36.2
前半1000m:59.4
勝ち馬コーナー通過:06-06-06-05
勝ち馬上り3F:35.8


1995(ランド:2.24.6)
13.0-11.4-12.1-12.3-12.2-12.4-12.4-11.8-11.7-12.1-11.3-11.9

天候:晴 芝:良
上り4F:47.0 3F:35.3
前半1000m:61.0
勝ち馬コーナー通過:07-07-05-05
勝ち馬上り3F:34.8


1994(マーベラスクラウン:2.23.6)
12.8-11.7-11.6-11.3-11.7-12.0-12.2-12.0-11.9-12.2-11.8-12.4

天候:晴 芝:良
上り4F:48.3 3F:36.4
前半1000m:59.1
勝ち馬コーナー通過:03-03-02-03
勝ち馬上り3F:36.2


1993(レガシーワールド:2.24.4)
12.9-11.6-12.1-11.6-11.8-12.0-12.2-11.9-12.0-12.1-12.2-12.0

天候:晴 芝:良
上り4F:48.3 3F:36.3
前半1000m:60.0
勝ち馬コーナー通過:02-02-02-02
勝ち馬上り3F:36.1


1992(トウカイテイオー:2.24.6)
12.9-11.2-12.8-11.7-11.7-11.5-11.8-11.9-12.3-12.6-11.7-12.5

天候:晴 芝:重
上り4F:49.1 3F:36.8
前半1000m:60.3
勝ち馬コーナー通過:04-05-04-05
勝ち馬上り3F:36.3


過去の平均ラップタイム
■2003~2007(馬場悪化の2003年は除く)
12.83-11.03-11.95-11.98-11.95-12.33-12.45-12.40-12.15-11.60-11.45-11.93
144.03

■1992~2001
12.93-11.36-12.23-11.99-12.08-12.05-12.13-12.00-12.07-12.33-11.54-12.10
144.81




傾向
改修前後の違いを見ながら考えてみる。
グラフに示したとおり、改修前はスタート直後がそれ程速くない代わりに
道中で極端に緩むことがなく、一定のスピードを保ったまま流れる。
そしてラスト3F(4コーナー)のところで一旦緩み、直線に入って一気に加速し、
ラスト1Fは落ちるという展開だった。
一方で改修後は、以前に比べてスタート直後は比較的速く流れるが、
道中はかなり緩むことが多く、ラスト3Fのところから一気に加速する流れで、
ラスト1Fは改修前と同様にある程度落ちるという展開となる。

改修前後ではデータのバラつきを考慮しても、ラスト3Fのラップの違いは顕著と
なっており、これは道中の緩み具合によるものだと考えられる。
つまり道中があまり緩まない改修前は各馬の仕掛けがどうしても遅くなり、
改修後は道中で緩む分、各馬の仕掛けが早くなるということだろう。

改修前は道中が締まった流れとなることが多かったので、ラストはやはり各馬の
底力が物を言い、実力通りの決着となることが多かった。
それに比べて改修後は道中で緩む傾向があるために、展開によっては実力では
劣っていても、勝負所での加速について行けて、そこから脚を持続することさえ
できれば好走できてしまうということもあり得る。
また同じ理由で道中で脚を溜めることができるので、以前に比べると先行馬に
有利な舞台となっていると言える。

上記のようにある程度緩急の激しいレースとなるために、今まで一本調子の
流れの中でラストを粘ることで好走してきたような馬では少し厳しい。
またJCだけでなく、改修後の東京のレースに共通していることなのだが、
ラスト3Fからの早い仕掛けによって、好走するためには末脚を持続させる力が
不可欠であり、勝負所での一瞬の切れ味で前を交わそうというタイプの差し馬
などでは、最後は止まってしまう可能性が高い。


好走の条件
・勝負所での切れ味を持っていること
・トップスピードの持続力があること

危険な馬
・一瞬の切れ味で勝負するタイプ
・一本調子で走り、ラストの持久力で勝負するタイプ(自ら逃げないと無理)





0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事