2009年1月25日日曜日

平安S展望 2009


予想
門松S
12.2-11.0-12.2-12.4-12.8-13.2-12.8-11.9-12.3
ベテルギウスS
12.4-11.8-11.9-14.0-12.9-12.5-12.5-12.1-12.2-12.3
トパーズS
12.3-11.5-12.7-12.4-12.0-12.1-12.2-12.5-13.1

関係各馬が多数出走の3レースのラップを見ると、
門松Sは道中が相当緩んだ末の単純な切れ味勝負、
ベテルギウスSは平均ペースからの持続力勝負、
トパーズSは道中が締まった流れからの持久力勝負となっており、
三者三様のレース展開ではある。

しかし今回のレースもトパーズS同様にエスポワールシチーが
引っ張ることが確実で、レース展開はトパーズSに近い、淀みなく
締まった流れになる可能性が高い。
万が一向こう正面が少しくらい緩んだとしても、ラストは
ロングスパートに近い形となるだろう。

平安Sの傾向を調べた時点では、道中が緩んでの切れ味&持続力勝負に
なることが多いとしたが、今年に限っては締まった流れからの持続力&
持久力勝負となり、最後は各馬の地力が問われる展開になるかもしれない。


◎エスポワールシチー
ハナを奪うのはこの馬なので、締まった流れにも緩い流れにもできるが、
鞍上が佐藤哲なので締まった流れを作り出す可能性の方が高い。
そうなればこの馬の持久力を発揮するために、早めの仕掛けから後ろの馬に
追走で脚を使わせるような形になるだろう。
あとはこの馬自身がどこまで粘れるかという問題だけだが、馬場が回復せずに
速いダートでの高速決着となりそうで、最後まで止まらない可能性は高い。

○サンライズバッカス
道中が締まった流れとなれば地力の高さで当然この馬が浮上する。
前が止まらないような馬場では少し割引が必要ではあるが…。

▲マイネルアワグラス
持続力&持久力勝負は得意で、鞍上がルメールなのでおそらくある程度
好位につけると思われ、この馬の持ち味が活かせるだろう。
ただエスポワールシチーを差せるイメージは湧かないが…。

注ワンダースピード
相当なロングスパート合戦になれば持続力の高い馬だけに最後突っ込んで
くる可能性はある。
ただ飛びが大きく加速に乏しいところがあるので、道中を少しでも緩め
られたらアウトという側面も持つ。

△ダークメッセージ
上記した3レース全てに出走しており、どのレースでも最後まで持続する
末脚を発揮しているが、それでも道中でかなりの溜めが必要なところを
みると、地力という面では少し疑問符が付く。
展開が合えばもう少し上位に顔を出す可能性はあるが…。

△マコトスパルビエロ
ベテルギウスSで見せたようにかなりの持続力は持っているが、トパーズS
のように締まった流れを追走して、ラストの脚を消されているところを
考えると、少し持久力の面で物足りない印象を受ける。
道中が少しでも緩めば十分可能性はあるが…。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事