2009年1月27日火曜日

平安S回顧 2009


平安S結果
ワンダースピード1.50.435.603-03-03-02
エスポワールシチー1.50.436.001-01-01-01
マコトスパルビエロ1.50.936.302-02-02-02
ネイキッド1.51.336.207-05-05-05
タガノエクリプス1.51.435.913-13-11-08
マイネルアワグラス1.51.636.309-08-09-10
ダークメッセージ1.51.636.112-11-11-12
サンライズバッカス1.51.835.915-15-15-13

天候:曇 芝:稍重
上り4F:48.7 3F:36.0
前半1000m:61.7
12.3-11.2-12.4-12.8-13.0-12.7-12.5-11.7-11.8




レース評
やはり曇った…天候的には全然平安ではない平安S。
どうでもいいデータはバッチリ決まっていたが、ラップタイムの傾向としては
全く見どころがない展開だった。

過去の平安S平均ラップと比べると良く分かるが、今年の展開は道中が相当に
緩んでの完全な直線勝負となり、馬場が湿って相当速いダートだったことを
考慮すると勝ちタイムも平凡な印象で、このような展開となっては道中で
しっかりと脚を溜められる前の馬有利となる。
実際に1~3着が前に行った3頭で決まっているのだから、後ろから進める
馬にはかなり厳しいレースだったことが分かる。

このレース自体はこの先のレベルの高いところに直接つながるとは思えず、
ここで前から進めて好走した馬の評価は控えめに…というのが正解だろう。
(もちろんレースのレベルと各馬のレベルは別問題だが…)
ただ今回後ろから進めて負けたマイネルアワグラス、ダークメッセージ、
サンライズバッカスあたりの次戦以降での巻き返しは期待していいだろう。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ワンダースピード
前半から押して行って、前走に引き続き先行策を選択し、最後は持ち味の
持続力を活かして逃げた相手をねじ伏せた形。
最初に(ラップなどを見ない状態で)このレースを見たときは、
エスポワールシチーの作る展開について行って、最後まで脚を伸ばして
いるのだから「強い!」と思ったのだが、実際には緩んだ展開だった訳なので
そう大した価値はないように考えている。
もしエスポワールシチーが全く緩まない展開を作り出していたら、この馬に
勝負所まで余力が残っていたかどうか謎である。
今回の勝利で次戦人気が上がっていたら…切りたくなる存在。

エスポワールシチー
今回は地力を試されるような展開ではなかったのであまり評価はできないが、
これまでの出走レースを見れば、持久力の問われる展開でもしっかりと
結果を出しており、逆に言うと切れ味勝負だろうが、持久力勝負だろうが、
どんな展開にも対応可能な柔軟性を持ち合わせていて、実力はG1で上位を
争う存在であることは間違いない。
しかしフェブラリーSに出られないなら何の意味もないが…。

マコトスパルビエロ
前から進める馬なので結果的に3着には残ったが、切れ味に乏しいこの馬では
この順位が精一杯といったところだろう。
やはりこの馬には道中がある程度締まった前後半イーブンくらいの展開で、
ラストの持続力勝負が合っている。
適鞍を待ちたい。

タガノエクリプス
後方から進めて、かなり早い段階から動いていて、最後はマイネルアワグラス、
ダークメッセージ、サンライズバッカスを抑え切ったのだから今回のメンバーの
中では唯一見所がある馬という感じがする。
ただ前半でかなりの溜めが必要なところを見ると、地力自体はそんなに高いとは
言えないのだろうが…。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事