2009年4月1日水曜日

高松宮記念回顧 2009




レース総括
■前半が速く、しっかりと持久力が試されたレース

■しばらくは上位の2頭中心で間違いないという程の内容




高松宮記念結果

ローレルゲレイロ1.08.034.901-01
スリープレスナイト1.08.134.803-05
ソルジャーズソング1.08.334.809-08
トウショウカレッジ1.08.334.513-10
コスモベル1.08.434.809-08
ファリダット1.08.434.416-14

天候:晴 芝:良
上り4F:45.8 3F:34.9
前半3F:33.1
11.9-10.3-10.9-11.5-11.4-12.0


レース詳細
ラップタイムを見れば、4コーナー前後で一旦緩んで最加速という場面も
あるにはあるが、基本的には前半が速く、ラストは持久力勝負という形。

特に前半はローレルゲレイロ(というか藤田)がジョイフルハートを気にして
いつもの無言の圧力逃げをしたために例年よりも多少厳しい流れとなり、
それによってどちらかと言えば、いつものある程度速い流れからの上がり性能
勝負というよりは、前半でしっかりと各馬の地力を試してラストは粘り勝負
という面が大きく、持久力の高い純粋なスプリンタータイプに向いていたと
言っていいのかもしれない。

実際に後方から直線勝負に賭けたトウショウカレッジ、ファリダットは
ともかく、同じような流れのオーシャンSで好走して一定の持久力を示して
いたソルジャーズソング、コスモベルあたりが上位に食い込んできているのが
その証明である。

そんな流れの中でも逃げて勝利したローレルゲレイロ、好位から2着した
スリープレスナイトは抜けた存在で、両馬ともに地力の高さでは3着以下
とは力が違うところを見せつけた感じ。
当然この2頭の力はそのまま信用して良く、今年のスプリント界はこの2頭
中心に回っていくことは間違いない。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ローレルゲレイロ
3~4コーナー中間でほんの少しでも楽が出来たことも大きいが、ラスト1Fは
1度叩いたこの馬の持久力が勝ったという印象。
このメンバー(とは言え2、3頭だが)に入ると持久力は高くても上がりの
性能でどうしても劣る馬だと考えていただけに、ラストまで脚を残せたことで
昨年と比べても本当に力をつけたというのが実感できる。
それでもスリープレスナイトが本調子に戻ればこの先はちょい差しを喰らい
続ける姿が目に浮かぶのが残念なところだが、今年は常に中心を形成できる
くらいの馬になっていることは間違いない。

スリープレスナイト
速い流れを好位から受けても勝負所ではしっかりと切れを発揮していたし
余力は残っていたのだが、それでも休み明けの分、持久力&持続力で勝ち馬
よりは少し分が悪かった。
むしろまだまだ実が入りきっていないようにも感じた馬体でもしっかりと
2着を確保したことで、改めてこの馬の能力の高さを証明した形で、当然
状態さえ戻れば本来ラストまで止まらない馬なだけに、今回の差は普通に
逆転できるはず。
今年もスプリントはこの馬中心で間違いない。

ビービーガルダン
外々を回ることになるのは予想できたことだが、それでも少し控えるとか
何かしらの戦略を立てるものだと思っていたのだが…。
実際には内を回る(強力な)先行勢と互角のスピードで外を回すという
玉砕覚悟としか思えない内容で、通ったコースを考えたら3~4コーナーで
0.8~1秒くらいは(内よりも)速く走っていたのではないだろうか。
どれだけ強く、筋持久力の優れたスプリンターであっても11秒を切るような
ペースを4Fも続けられるはずがない。
ましてやこの馬の場合トップスピードからラストの持久力で一気に押し切る
タイプではなく、ある程度上がりのスピードを活かすタイプなのだから、
もう少し違った騎乗が出来なかったものか…とどうしても思ってしまう。
今回の内容は残念なものだったが、また巻き返しに期待したい。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事