2009年4月21日火曜日

マイラーズC回顧 2009


レース総括
■スローからの完全な上がり勝負
■計れたのは上がりのスピードのみで持久力不問のレース


マイラーズC結果
スーパーホーネット1.33.933.006-06
カンパニー1.33.933.007-06
スマイルジャック1.33.933.403-03
オースミグラスワン1.34.032.610-10
アブソリュート1.34.233.504-04

天候:晴 芝:良
上り4F:45.6 3F:33.7
前半4F:48.3
13.0-11.8-11.4-12.1-11.9-11.0-11.0-11.7




レース詳細
今回は一目ラップタイムを見ればもう見た目通りのスローペースからの
上がり勝負で、しかもロングスパートの形にすらならなかったことで
完全なラスト3Fのみのレースとなった。

それでも上位が力のある2頭で決まったことは救いだが、この流れでは
持久力は完全に不問で、さすがにG2の格を保っていたとは言い難い。

好走した馬でも本来は少しでも道中が締まれば上がりの脚が削られてしまう
スマイルジャックが33.4秒という脚を使えたことと、上がりの性能は
高いものの行き脚が足りずに常に後方からの競馬になってしまう
オースミグラスワンが最後ここまで届いたことは、やはり道中の緩さに
よって得られた結果だと言える。

逆に持久力が高いタイプであるアブソリュート、ヒカルオオゾラ、
タマモサポートにとっては単純な上がりの速さでは少し分が悪くなって
結果として厳しいレースとなってしまった。
当然これらの馬の次戦以降での巻き返しは十分に期待できるはず。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

スーパーホーネット
今までの実績からも上がりの性能は相当に高い馬なのでこの展開で結果を
出せるのは当然だが、特に今回は道中が楽な流れになって持久力が問われ
なかった分、休み明けとしてはそれが良い方向に働いたと言える。
念願のG1に向けて良いステップとはなったが、毎年道中が相当に厳しく
なる安田記念の流れには今のところ対応できておらず、再度危険な人気馬に
なる可能性もなくはない。

カンパニー
今回はあまりにもスローな展開になったことと位置取りが全てだったが、
ラストの持続力では(相手は手を抜いていたとはいえ)完全に勝ち馬を
凌いでいた。
それを見ればまだまだ衰えはなさそうで、そろそろG1に手が届いても
良さそうな気もするが…。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事