2009年6月6日土曜日

ユニコーンS展望 2009


過去(改修後)のラップタイムは以下の通り。

2008 12.4-10.8-11.4-12.1-12.2-11.9-11.8-12.5
2007 12.4-10.6-11.4-12.8-12.6-12.2-12.2-12.7
2006 12.2-10.6-11.3-12.2-12.6-13.0-12.3-13.0
2005 12.5-10.8-11.4-12.1-12.3-12.2-12.1-13.1
2004 12.0-10.7-11.6-12.0-12.7-12.1-12.1-12.8
2003 12.1-10.5-10.9-11.8-12.6-12.3-12.9-12.7

過去6の平均ラップタイム
12.27-10.67-11.33-12.17-12.50-12.28-12.23-12.80
1.36.25




傾向
ラップタイムを見れば、前半が速く、その後は道中~ラストまで一定の
スピードを持続するような流れとなっている。
特に前半3Fの速さは特徴的で、芝最高峰のレースである安田記念と比較
しても遜色ないくらい。

そうなれば当然何よりも持久力が重要となり、ラストが持続力の争いと
なることも併せれば、自然と地力の高い馬が浮上するイメージは湧く。

同様の理由で脚質的には差し馬有利だと言えて、このレースに限れば
狙いとしては後ろからの馬が中心と見て間違いない。
ただしこのレースで速い前半を好位から進めて上位に残った馬の方が
その後活躍しているというのも事実で、今後に向けてはそちらの馬の
方を注目しておきたいところ。


好走の条件
・高い持久力が必要
・持続力を持っていること


予想
ダート路線でもある程度粒が揃った世代だが、ここにはそのトップを
争う馬がいないのは残念。
今回は単純に今までのパフォーマンスのみで選べば3強と言えそうだが、
展開による紛れも十分に注意したい一戦で、最も妙味がありそうな馬を
1頭狙い打つくらいか…。

◎グロリアスノア
前走はここに通じるような高いパフォーマンスで勝っていて、ここの速い
流れからの持続力勝負にも十分対応できるだけのものを見せている。
人気はさすがに下の2頭に譲るだろうが、逆転できないことはない。

○シルクメビウス
レースを通しての持続力があって、安定感はこのメンバーでは抜群。
鞍上さえ落ち着いていて無駄に急がせたりしなければ自然と上位には
浮上してくるはず。

▲カネトシコウショウ
前走のことがあるので、まずは積極策か後方待機かという問題があるが、
最内に入ったことでおそらく前者となると考えられる。
そして基本的には揉まれたくない馬なのでハナを譲らない形になりそうで、
そうなるとここのハイペースを押し切るのはなかなか厳しくなる。
個人的にはその流れをどこまで粘れるかという興味はあるが、予想としては
信頼し切れないものがある。

注メトロノース
今までのパフォーマンスでは上の3頭には劣るが、前走の道中でかなり
動いてラストが止まったという反省から、今回はある程度満を持しての
仕掛けとなれば、展開が嵌っての巻き返しはあり得る。

△シンゼンオオジ
前走ではある程度速い前半を演出して、道中~ラストで粘り込む競馬を
見せていて、ここに近い流れを経験しているのは強み。
それでもその内容を考えれば後半が少し掛かり過ぎで、馬券圏内に残るまでは
厳しいかもしれないが…。

△ミッキーペトラ
さすがに単純なスピードだけなら一枚上だし、相当に厳しい流れの皐月賞を
先行して結果的にダービー馬にも先着している訳だから持久力も侮れない。
それでも今のところ持続力よりも切れを活かしたいタイプのように思えて、
初ダート&適性微妙な舞台でどこまで出来るかは疑問。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事