2009年6月28日日曜日

宝塚記念展望 2009


予想
これといった逃げ馬が不在で例年のようには前半が速くならない可能性も
あるが、もしそうなった場合でもG1としての格を考えたら遅くなった分が
道中の方に変換されて、早い段階から押し上げていく形になるはず。
(そうならないのならそれはもう単なる凡戦で価値は低い)
したがって今回は例年のようなハイペースからの持久力勝負というよりも、
前半がいつもより少しだけ抑えられた形からレースを通して一貫したラップを
刻むような持続力勝負となる可能性が高い。

◎ディープスカイ
持久力も持続力もここではさすがに屈指の存在で、勝ち馬像にもかなり近い。
今更この馬が負けるようでは日本競馬界の未来が暗くなるので、ここは
しっかり勝ち切って欲しい。

○マイネルキッツ
この馬の場合は前半が速く、ラストの持久力勝負になった方が都合良くて、
止まらない者勝ちという展開であれば自然と浮上できる。
もし前半がそれほど速くならない展開になったら切れ負けする可能性が
高くなるが、ある程度積極的に行けば何とかそれは回避できるはず。
そして3~4コーナーの擬似直線で差を詰められるここではそれが可能だし、
その部分で動いても最後まで止まる馬ではないのだから、天皇賞馬の威厳を
保つためにも、鞍上には強気で攻めてもらいたい。

▲サクラメガワンダー
前走の金鯱賞に関してはあまり見所もないのだが、それよりも昨年の鳴尾記念や
宝塚記念において前半が速い展開である程度高いパフォーマンスを発揮していて
ここへの適性は高いはず。
ただし道中が緩んでの上がり勝負では切れ負けする可能性があるし、積極的に
勝ちに行き過ぎた場合は最後まで我慢できない可能性もあって、これ以上の
評価はなかなか難しい。

注カンパニー
昨年のこのレースはハイペースからの持久力勝負で最後は厳しくなって
しまったが、今回はそこまで前半が速くならないだろうし、無理に先行など
しなければラストは持ち前の持続力を発揮できそう。

△アドマイヤフジ
持続力があり、ある程度楽に先行できそうなここでは上位に残る可能性は高い。
それでもG1の舞台では切れが足りずに勝負所で動けないために、やはり勝ち
負けまではなかなか考えづらい。

△インティライミ
持続力(脚力)というよりもバテないこと(持久力)が強みなので、出来れば
前半が速く、ラストの時計が掛かる展開がいい。
それが叶えば昨年同様に上位に残る可能性も十分ある。
そうでなければ切れ負け必至だが…。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事