2011年11月26日土曜日

京阪杯展望 2011


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2010 12.2-10.7-11.0-11.0-11.5-11.6 33.9-34.1
2009 12.0-10.4-10.7-11.1-11.4-12.0 33.1-34.5
2008 12.5-10.8-10.9-10.8-11.4-11.7 34.2-33.9
2007 12.3-10.6-10.9-11.2-10.9-12.0 33.8-34.1
2006 12.3-10.9-11.0-11.1-11.2-11.8 34.2-34.1

過去5年の平均ラップタイム
12.26-10.68-10.90-11.04-11.28-11.82
1.07.98(33.84-34.14)




傾向(過去記事のごく一部修正)
ラップタイムを見れば、スタート直後はそれ程速くはならないものの、道中は
かなり速いペースを保って流れていて、ラスト1Fだけ少しラップが落ちる形で、
全体としては前後半イーブンに近い展開。

この流れで問われるのは、何と言ってもスピード持続力で、ハイペース持久力
勝負を地力の高さで浮上するタイプよりも、純粋に切れなど、スピード性能の
高いタイプの馬に向いている。

実際距離が短縮されてからまだ5回の開催だが、かなり速い流れになった09年も
含めて、過去馬券に絡んだ馬で前傾の内容を示しているのはサンアディユのみで
(それも33.9-34.0というコンマ1だけ)、他はイーブンもしくは完全に後傾の
内容を示しており、とにかくここでは速い上がりが使えることを重視したい。


好走の条件
・スピード持続力があること


予想

◎ジョーカプチーノ
スプリントのハイペースでは少しどうか…と(個人的に)思い始めたところでは
あるが、ここは前半が速くならず、この馬向きの脚の使い方ができる舞台なので
地力通りに期待していいはず。
メンバー的にもナイアードの出方を気にするくらいなので、楽に進められそう。

○アーバニティ
とりあえずは、シルクロードSで示した切れと高松宮記念で示した持続力を考え
れば、普通に上位に扱っていいはず。
春以降ハンデを背負う立場になったりして条件が向かなかったが、叩き2走目で
別定戦のここは、期待できるタイミングにも思える。

▲ロードカナロア
前走は休み明けながら上がり勝負を突き抜けて、性能の高さを十分に示した格好
だし、上積みが期待できるここでも、普通に勝ち切ってもおかしくはない。
ただしこの先、今回のメンバー以上のところでやっていくには、地力の面でもう
1つ上の裏付けは欲しいイメージで、G1馬がいる中でいきなり1倍台の人気…
というならば、むしろ冷静に見守りたい感覚。

注グランプリエンゼル
元々持続力&切れという点ではなかなかの内容を示している馬だし、今回は春に
ある程度高いポジションを取って好走させたウィリアムズJに乗り替わっている
という部分でもプラス。
勝ち負けまでのイメージはさすがにないが、浮上の可能性はあっていいはず。

△キョウワマグナム
地力も持続力も決め手も一定のものは示している馬だし、出遅れた前々走以外は
安定した成績となっていて、ここも普通に上位にはいそうな雰囲気。
ただこのメンバーでこれ以上の評価をするには何か1つ決め手に欠ける印象…。

△ケイアイアストン
昨年も2着しているし、スピード持続力に関してはなかなかの内容を示している
馬ではあるが、今年の場合は同型(の決め手)が少し強力…という気はする。
ペースが落ち着いて、前残りの一角というパターンならあっても良さそう。

△ワンカラット
持続力に関しては上という内容を示している馬だし、ここでの浮上も十分に考え
られるが、この馬は軽いスピードというタイプではないだけに、京都で切れを
発揮するというよりも、次の阪神Cでパワーを発揮した方が良さそうに思える。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事