2011年11月10日木曜日

みやこS回顧 2011


レース総括
■前半~道中速く、ラスト1Fはしっかり落ちる展開
■スピード持続力&持久力が問われた


みやこS結果
エスポワールシチー1.48.4 36.7 02-02-02-02
トウショウフリーク1.49.0 37.3 01-01-01-01
ニホンピロアワーズ1.49.1 36.7 06-06-06-05
ワンダーアキュート1.49.2 37.1 04-04-04-03
ヒラボクキング1.49.4 37.5 02-03-03-03

天候:曇 ダート:稍重
上り4F:48.9 3F:36.7
前半1000m:59.5
11.9-11.0-12.3-12.0-12.3-12.2-12.1-11.9-12.7




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半速く、道中も全く淀みのない展開になり、勝負所で
少しだけ加速しつつ、ラストはしっかり落ちる形。

今回の特徴は、とりあえずは(時計の出る馬場を考慮しても)前半~道中の速さ
ということになり、相当なスピード持続力が問われたはず。
またこれだけのペースで、最後(特に2着以下は)かなり減速していることから
高い持久力を備えていることも重要だった。

脚質的には、レース中にトラブルがあった(心臓疾患発症?の)ゴルトブリッツ
以外は、前から進めていた馬がそのまま上位を占めた格好だが、この展開なので
当然ただの行った行ったではなく、そもそも前半のスピードについていけない
ような馬では厳しかった…という印象。

この先に向けては、圧勝のエスポワールシチーはもちろんG1で期待できるが、
それに完敗した他の上位馬に関しても、絶対王者級の3頭以外に対しては、十分
今回の内容を理由に威張って良いはず。期待したい。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

エスポワールシチー
番手から進め、終始逃げ馬を見ながらという競馬、3コーナーあたりから徐々に
圧力を掛けつつ、直線で捕らえてからはグングン離す…という内容。
とにかく今回は、メンバーに対して2枚くらい上のスピード持続力を示し、G3
あたりを争っているレベルとは、全く次元の違うパフォーマンスだった。
この内容ならば、当然JCダートでも期待ということになるし、トランセンドに
対しても、南部杯では自身が超ハイペースで飛ばしたことで最後離された格好に
なったものの、フラットな展開の持続力勝負ではまだ分からないはず。
スマートファルコンを含めた、真の頂上決戦に素直に期待したい。

トウショウフリーク
最強クラスの馬に終始監視される厳しい競馬で、自身もかなりのハイラップを
刻んだはずだが、それでも最後まで良く粘っており、スピード耐性と持久力の
高さを十分に示した内容だった。
この馬の場合、最後まで速いスピードで押し切るというよりも、厳しい展開を
演出して粘り込む形で好走しており、阪神に替わって前半を抑えられたとしても
前進するイメージではないし、同型にこれだけ離されれば現状G1では厳しい。
ただし上がりの脚が問われない展開を続ければ、近々重賞は獲れていいはず。

ニホンピロアワーズ
前半のスピードに少し遅れ、今回は中団の少し前というポジションになったが、
道中~勝負所で徐々に押し上げる形で、最後もしっかり浮上は出来ているし、
なかなかの持続力を示した内容だった。
この馬の場合、今回は前傾になり過ぎて多少忙しかった印象だが、スタート直後
ゆったりする阪神に替われば、ポジション取りも楽になるだろうし、ある程度の
前進があっても良さそうなイメージ。
今年は上位が揃い過ぎて、このレベルの馬には出る幕はないのかも知れないが、
一応浮上の可能性を考えておきたい。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事