2013年12月15日日曜日

朝日杯FS展望 2013


予想
ピンとこない。とにかくピンとこないメンバー構成。
…ならば、今回は注目したい馬を思い切って押し上げた予想で。

◎ショウナンワダチ
デビュー2戦は、一見すると切れを発揮したような内容にも思えるが、新馬戦は
3~4角で捲くって→直線さらに伸びる…というリトル・ゴールドシップとでも
言えそうな2段階スパートを決めて、前走は、直線の混雑に巻き込まれて→進路
確保したラスト1Fを11秒前後でまとめる…という終いまで伸び切った内容。
どちらも実際は、切れというよりも優れた持続力を示した格好で、つまり本来の
適性とは違う舞台を、能力と適性の幅でこなしていた…と解釈できなくもない。
ペース耐性の裏付けもなく、しかも大外枠に入り、当然難しい立場ではあるが、
凄いかも…と思った唯一の馬。注目してみたい。

○プレイアンドリアル
東スポ杯は、好位から締まった道中に付き合って、ラストもしっかりとまとめた
…という内容で、ほとんど同じ位置取りだった勝ち馬と比べても、単純にコース
取りの差というくらいのパフォーマンス。当然地力は認められる。
ここのペースそのものへの対応は結局のところ未知数だが、それをある程度受け
流す選択もできそうだし、普通に浮上してくる扱いで良さそう。

▲アトム
デイリー杯では、速い流れにしっかりと引っ張られつつ浮上しているし、地力の
面ではやはり上位に扱える。
馬体的にも十分に実が詰まっている印象で、あとはスケール的にG1を勝つまで
なのか?という引っ掛かりだけだが…。
結局のところは、このメンバーならあり得るのかも…。一応頭まで。

注ウインフルブルーム
前走は、道中をまずまず高い水準で引っ張りつつ完勝しているし、1ハロン長い
前々走でもパフォーマンスが全く変わらない点からも、持久力は十分高そう。
あとは、多少ゆったりしたところがあるイメージで、スピードに寄って得をする
タイプではなさそうなだけに、前半をどのように進めるかがポイント。
受け流すような騎乗であれば。

△ショウナンアチーヴ
前走では、フラットな展開を勝ち切って一応の持続力を示しているし、経験した
道中の追走スピードという部分では、単純にここに近いものがある。
走法的には、極端にスピードに寄らない方がいい…という可能性はありそうで、
ミドルペースの一貫した流れであれば…といったところ。

△アポロスターズ
1200mでしか結果は出ていないが、ゆったりとした走法で、一本調子な雰囲気が
あるタイプなので、敗因は距離というよりも適性の問題の方が大きそう。
その点で、前走のような切れが問われる展開よりも、1F長くてもここの持続型の
展開の方が合っていそう。注目してみたい。

☆ベルカント
地力は確かに認められるし、阪神JFよりもこちらへ目を向けたことも、適性面
からは素晴らしい選択ではある。
それでも前走の内容そのものが距離延長につながるか?と言えば微妙だし、結局
ここではもう少し上がりの脚が必要なイメージになる。やや静観したい気持ち。

☆エルカミーノレアル
1200mを連勝してここへ駒を進めた訳だが、馬体的に単なるスプリンターという
イメージではないし、ここでの一貫した流れの中で新しい一面を見せる可能性も
一応あって良さそう。可能性としてはとりあえず考えてみたい。









0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事