2013年12月7日土曜日

阪神JF展望 2013


予想
ホウライアキコ次第だとは思うが、メンバー的にそこまで速く流れるという気は
しないし、そうなればやはり、しっかりとした決め手を示している馬か、前から
進めて溜めを効かせられる馬…ということになりそう。
どちらにしろ、牡馬を圧倒してきた世代の牝馬が本当に強いのであれば、結局は
人気上位で決まりそう。

◎ハープスター
前走の派手なパフォーマンスももちろん評価できるが、(個人的には)新馬戦で
見せた、軸がしっかりしていて力強さを感じさせる馬体と、不利な状況からでも
それをあっさり覆した内容が強く印象に残っていて、データ的な地力の裏付けは
薄くても、単に切れだけの馬とは全く思わない。
この舞台で結局は物を言う"スケール感"という部分でもやはり上。
POG馬でもあるし、大人気でもここは期待したい。

○ホウライアキコ
デイリー杯2歳Sを勝った牝馬…というだけでも上位扱いでいいだろうし、その
時の内容に関しても、厳しい展開を積極策から押し切った格好で、地力の面での
裏付けは十分。相当に強いはず。
適性的には持続力を活かしたいタイプで、この舞台では切れという点での懸念は
やはりあるが、それでも崩れる…とかは考えづらい。

▲マーブルカテドラル
新潟2歳Sは(逆境の)積極策から粘り込んで、芙蓉Sは道中でしっかりと脚を
使う形から勝ち切って、地力はしっかりと示している。
さらに前走では、しっかり溜めてから速い上がりを使う展開にも対応していて、
ここの展開も何とかこなせて良さそうな雰囲気。
スケール感という部分ではそこまでではないが、やはり上位扱いにはしたい。

注マジックタイム
ここ2戦ではしっかりとした決め手を発揮しているし、新馬戦でも長い脚を使う
展開で一応は浮上していて、イメージ的にはこの舞台に十分嵌りそう。
スタートは問題だし、地力の面でもあと1つ裏付けが欲しいところではあるが、
それを乗り越えて浮上しそうな雰囲気は一応感じられる。
今年はしっかり外も伸びる馬場だし、可能性としてはあっていいはず。

△レッドリヴェール
新馬戦で示した決め手と札幌2歳Sで示した地力を考えれば、ここでも当然上位
扱いでいいはずだし、特に後者に関しては、あの馬場で差して勝ち切ったことは
大きく、高い持久力を備えていそう。
ただし走法などから、(新馬戦で経験こそしているが)この舞台に対する適性で
どうか…という部分はあるので、強くは推し切れないところがある。微妙。

△レーヴデトワール
雰囲気的に純粋な持久力…というのは感じさせるし、前走で示した持続力を考慮
すれば、ここも上位扱いでいいとは思う。
ただし走法などから、上がりでの推進力…という部分に少しだけ不安を感じて、
お姉さんのような切れを期待するのは正直無理がありそう。
浮上はしてきても、先に抜け出した馬をどうしても残しそうなイメージ。

☆フォーエバーモア
新馬戦では、道中かなり動いた格好からしっかり決め手を発揮して、前走では、
まずまずの水準の展開をしっかり勝ち切って、中身の良さは十分感じられる。
あとはエネルギー効率的に、走法で少しだけ損をしている雰囲気ではあるので、
ペースが厳しくなった場合にどうか…といったところ。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事