2014年12月14日日曜日

カペラS展望 2014


過去のラップタイムは以下の通り。

2013 12.1-11.0-11.2-12.1-11.9-12.4 34.3-36.4
2012 11.9-10.6-11.7-12.4-12.1-12.1 34.2-36.6
2011 11.8-10.5-11.4-12.0-11.6-11.8 33.7-35.4
2010 11.7-10.3-11.0-11.9-12.1-12.7 33.0-36.7
2009 12.1-10.4-11.1-12.0-11.8-12.2 33.6-36.0
2008 12.1-10.0-10.6-11.5-12.0-12.5 32.7-36.0

過去6年の平均ラップタイム
11.95-10.47-11.17-11.98-11.92-12.28
1.09.77 33.58-36.18




傾向(過去記事の転載)
過去のラップタイムを見てみると、前半が相当に速くなって、勝負所は何とか
踏み止まりつつも、後半はガクっとペースが落ちる展開。

ここの特徴は、やはり前半の極端なまでの速さだと言えて、速い流れへの対応力
(スピード)と、終いの部分を粘れる持久力を備えていることが必須となる。
(他よりも少し落ちついた年でも、結局展開的にはしっかりとした前傾)

脚質的には、前残りも差し決着もあってペース次第という他はないが、差し馬の
場合も、(個々のパフォーマンスとしては)前半しっかり脚を使っている内容を
示していて、やはりここでは、ハイペース耐性の裏付けだけは取っておきたい。


好走の条件
・先行力(スピード)があること(注:位置取りではない)
・高い持久力が必要


予想

◎サトノプリンシパル
前走は、前半~道中をしっかり飛ばす形からの圧勝で、ハイペースからの持久力
勝負になるここには当然つながっていいはず。
1200mのスピード…という部分でも、オアシスSで前半を33秒台で入って粘った
経験もあり、(前走と比べて)更に速くなっても問題ないだろうし、とりあえず
ここは素直に期待しておきたい。

○ノーザンリバー
昨年ここを勝ち切って、その後も条件に関わらず安定した強さを発揮していて、
これはもう多少の展開の揺らぎくらいでは崩れそうもない印象。
本来のタイプとしては持続力を活かしたい馬だとは思うし、今回は斤量を背負う
立場なので、勝ち切れるかどうか?という部分の確信は持てないが、上位浮上は
普通にしてくるものとして扱いたい。

▲ダノンレジェンド
前走は、前で競り合った相手に対しては完敗した訳だが、他の馬に対しては十分
良く粘った形だし、(おそらくこの馬も)1200mを1分9秒台で通過しているの
だから、距離短縮で普通に前進出来ていいはず。
今回、乗り替わりで消極的な競馬になるようなら微妙ではあるが、評価としては
積極的に考えたいところ。

注サトノタイガー
ノーザンリバーとの比較で言えば、前々走は結果は完敗だが、こちらのラップが
33.8-37.3に対して、相手は35.1-35.1で、明らかに厳しい競馬をした格好だし、
「見限れない」という内容ではあった。
実際に、前走のG1ではこちらの方が先着している訳だし、今回の人気程の差は
ないとは考えたいところ。一応注目。

△ダッシャーワン
ここ4戦では安定した浮上を見せているし、厳しい展開で問題があるタイプでは
ないので、とりあえず確実に上位には顔を出しそうな雰囲気。
ただし、単純にパフォーマンスの部分で、ここを勝ち切るためにはもう1段階の
前進を示す必要はありそうで、現状では1番人気を争う馬というよりも、相手の
1頭というイメージ。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事