2016年9月30日金曜日

シリウスS展望 2016


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 12.6-11.6-11.2-13.6-13.3-12.6-12.1-12.1-12.4-13.1
2014 12.5-11.8-12.1-13.9-12.9-12.7-12.1-11.6-11.7-12.5
2013 12.4-11.1-11.3-13.5-12.9-12.9-12.5-12.0-12.2-12.6
2012 12.5-11.3-11.9-13.9-12.2-12.1-12.4-12.2-12.1-12.7
2011 12.6-11.2-11.2-13.6-13.2-13.1-12.8-12.1-11.7-12.8
2010 12.8-11.4-11.6-13.7-12.5-12.8-12.6-12.3-11.6-13.1
2009 12.6-11.4-11.7-13.8-13.1-12.5-12.2-12.4-12.3-12.5
2008 12.2-10.9-11.0-13.7-13.1-13.2-12.3-12.5-12.3-12.6
2007 12.3-11.2-11.0-14.2-13.8-13.0-12.4-12.4-12.0-12.8

過去9年の平均ラップタイム
12.50-11.32-11.44-13.77-13.00-12.77-12.38-12.18-12.03-12.74
2.04.13




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半が相当に速くなっていて、道中はコーナー部分で
一旦しっかり緩んでから勝負所に向けて徐々に加速していく展開で、最後の部分
だけ少し落ちる…という形。

ここの特徴はとにかく前半の速さで、その部分でかなり引っ張られることから、
後半に余力を残すためにまずは高い持久力が問われる。
そして上がりの部分に関しては、ある程度長い脚を使わされる形になっている
ため、末脚の持続力を備えていることも必要になる。

またレース全体の展開で言えば、緩急が大きくつくような形になっているため、
"溜めが効く"というのも1つの重要な要素になり、スピードに偏ったマイラー
的な強さを示している馬の過大評価には注意したいところ。


好走の条件
・高い持久力があること
・末脚の持続力が必要


予想

◎アポロケンタッキー
前走では、前半~道中が相当に厳しい展開を勝ち切って高い地力を示したし、
前々走でも、同舞台の最もスタンダードと言っていい展開を、パフォーマンス
的にも十分な内容で完勝していて、実力&適性ともにここでは普通に上位。
休み明けで、斤量も背負う立場…という不安点もあることはあるが、まだまだ
成長途上の馬でもあるし、ここはむしろ更なる前進の方に期待してみたい。

○マスクゾロ
前々走は、1頭が大逃げする形ではあったが、それに引っ張られる格好で自身も
高い水準のラップを踏んで、積極的な仕掛けから→最後も突き放した強い競馬。
その内容と、前走で示した切れを合わせて考えれば、ここのリズムの中でも十分
力は発揮できて良さそう。
本命は相手に譲るが、頭まで当然考えておきたい存在。

▲メイショウイチオシ
同舞台の前々走は、前半はそこまでではないものの、道中を高い水準で進めつつ
→しっかり押し切っていて、勝ちタイムも例年のここの時計と比べても全く遜色
ないように、そのパフォーマンスは直接的につながっていいレベル。
後方からになって、全く競馬をしていない前走は度外視できるし、叩き2走目の
ここで巻き返す可能性はあっていいはず。

注キョウエイギア
単純にJDDを圧勝したことを考えても、地力は当然高いものを備えているし、
ここもアッサリと突破する可能性はある。
ただしその時の内容も含めて、緩急がつく形で溜めを効かせる…というよりも、
前半~道中でしっかりと負荷が掛かる形から→終いを粘る(持続する)…という
タイプに思える部分はあって、ピッタリの適性ではないのかも。微妙。

△ピオネロ
この舞台は、芝スタート&(ある程度の上がりが問われる)レース全体としての
リズムの部分で、芝から転向した馬には向いていて、その点ではやはり有利。
ただし、この馬自身のタイプとしては、少しスピードの方に寄っている印象では
あるので、昨年のアウォーディーのようにはいかないかも…。半信半疑。

△カゼノコ
前半が速くて→道中で一旦溜めを効かせる…という展開に対しては、JDDを
制した時の内容が大きな裏付けになっていて、タイプ的にここでの浮上は十分に
考えられそうなイメージ。
ただし今回は長い休み明けで、状態の不安はやはりあるので、評価はここまで。

△ミツバ
前走は、道中で極端に脚を使う格好から→上がりもしっかりと押し通す形で差し
切って、高い持続力を示した内容。
当然その地力は認められるし、ここでの浮上も考えられるが、タイプ的にはもう
少しフラットな展開の方が合っている印象はあるため、適性的には微妙かも…。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事