2016年9月4日日曜日

小倉2歳S展望 2016


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 11.9-10.4-11.2-11.7-11.9-11.8 33.5-35.4
2014 11.9-10.3-10.8-11.4-11.6-12.4 33.0-35.4
2013 11.9-10.2-11.0-11.6-11.7-12.4 33.1-35.7
2012 11.8-10.1-10.8-11.5-11.8-11.9 32.7-35.2
2011 12.0-10.3-11.1-11.6-11.8-12.0 33.4-35.4
2010 11.8-10.4-10.9-11.6-11.9-12.1 33.1-35.6
2009 12.1-10.4-11.3-11.5-11.8-11.9 33.8-35.2
2008 11.9-10.2-11.1-11.9-11.6-12.4 33.2-35.9
2007 11.8-10.4-11.3-11.6-11.5-12.7 33.5-35.8
2006 11.5-10.1-10.9-11.4-11.6-12.9 32.5-35.9

過去10年の平均ラップタイム
11.86-10.28-11.04-11.58-11.72-12.25
1.08.73 33.18-35.55




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半がかなり速く、2F目以降はほぼ一直線にラップが
落ちていく、完全な前傾レース。

このレースの特徴はとにかく前半の速さだと言えて、単純に平均タイムでは
古馬上級クラスと比べても遜色ないくらいのペースで流れていて、そうなれば
当然最後は持久力勝負という形になる。

脚質的には、厳しい流れでも、それ故に後続の脚も残らないという形で、結局は
好位の馬が押し切ることが多くなっていて、ある程度は前に行けるスピードも
重視しておきたいイメージ。


好走する条件
・先行力&持久力があること


予想

◎レーヌミノル
前走は、新馬戦としては厳しい展開を勝ち切った格好で、単純なパフォーマンス
比較でも普通に上位扱いになるし、レース振りも(追ってそこまで味はなかった
ものの)最後まで十分な余力を残しての押し切り。
ここでより厳しい展開になったとしても、2戦目の上積みで十分こなせそうな
地力は備えていそう。当然推したい。

○クインズサリナ
前走は、相当に厳しい展開を好位から押し切った格好で、高い地力を示したし、
新馬戦では、持続力を発揮する内容で勝利していて、適性の幅という点でも信頼
しやすいタイプ。
とりあえずここでは、展開に左右されることなく、普通に好走はしてきそう。

▲メイソンジュニア
実際に走るとまだフラフラしている印象だし、単純なパフォーマンス比較では、
新馬戦の内容は及第点くらい。
それでも馬体的にはなかなかの可能性を感じさせる馬で、2戦目でしっかりした
上積みがあれば、勝ち負けも十分ありそうな雰囲気。裏付けは薄いが推したい。

注カシノマスト
前走のパフォーマンスは、このメンバー中でも普通にナンバーワン争いの内容に
なっているし、前々走は、超のつくハイペースで逃げて2着にしっかり粘って、
地力の面でも十分な裏付けを持っている。
展開的にどうしても逆境の立場にはなりそうだが、残る可能性は当然ありそう。

△ドゥモワゼル
前走は、ハイペースを一応しっかり浮上する形で5着していて、とりあえずは
ここの展開にも対応出来ていいはずだし、位置取り的にも、前走よりも今回の
方が可能性は大きくなりそうな雰囲気。
評価は結局5番手だが、頭まで一応考えておきたい。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事