2017年10月21日土曜日

富士S展望(ラップ傾向&予想)2017



過去のラップタイム


2016 13.0-11.5-11.8-11.8-11.7-11.2-11.2-11.8
2015 12.7-11.0-11.4-11.9-12.0-11.2-11.1-11.4
2014 12.6-11.3-11.7-12.0-11.8-10.9-11.2-11.7
2013 12.6-11.4-11.8-12.0-11.9-11.0-10.9-11.9
2012 12.3-10.8-11.3-11.5-11.7-11.3-11.6-11.9
2011 12.2-11.0-12.1-12.2-12.1-11.5-11.2-12.7
2010 12.1-11.2-11.7-11.8-11.5-11.1-11.2-12.2
2009 11.9-10.8-11.7-12.0-11.9-11.5-11.6-11.9
2008 12.3-10.9-11.4-11.5-11.8-11.2-11.3-12.3
2007 12.5-10.8-11.6-11.5-11.8-11.2-11.9-12.0

過去10年の平均ラップタイム
12.42-11.07-11.65-11.82-11.82-11.21-11.32-11.98
1.33.29




ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいで流れ、道中は一旦落ち着く
展開になり、勝負所でしっかりとした加速を示しつつ、上がりが速くなる。

このレースでは、以前はある程度道中が締まった展開になることも多かったの
だが、近年は道中でしっかり溜めてから→大きく加速するような展開が増えて
いて、このコースのイメージ通りに、純粋な切れ勝負となっている。

それに伴って活躍するタイプに関しても、以前のスピード耐性に優れた(中山で
強いような)馬から→直線で気持ち良く決め手を発揮出来る、性能の優れた馬に
変化しつつあって、どちらかと言えばマイルに特化したタイプよりも、ある程度
距離適性に幅のあるタイプの方がイメージは合いそう。


好走する条件
・切れがあること



予想


◎サトノアレス
シンプルに"切れ"ということで考えれば、世代屈指とも言える存在。
朝日杯勝ち馬で、その後中距離の持続力勝負で限界を示した(唯一の切れ勝負
・巴賞では快勝)…という部分で、2年前のダノンプラチナとかなり被る。
今回、トップクラスが複数出走して来るので、相手は当然強いが、斤量差が
最大で4kgあるし、差し馬も多く、この馬の土俵で戦える下地は整っている。
最内枠発走で、上手く捌けるかどうか?という問題はあるが、そのリスクは
織り込み済み…というオッズ。それならば素直に期待したい。

○エアスピネル
安田記念は、後方から直線内で前が壁になり、完全に脚を余した格好だし、
札幌記念は、後半かなり長い脚が問われる展開で、先に動いた有力馬が言って
みれば損をしたレース。ともに度外視可能。
地力は当然高く、東京新聞杯のような極端な展開ではともかく、上がり勝負も
そこまで問題になる訳ではないし、ここはシンプルに巻き返しが期待できる。
馬場悪化でパワー寄りになれば尚更。相手に期待…というだけの2番手。

▲イスラボニータ
昨年もここでは58kgを背負って2着。
安田記念は、展開に対する位置取り的に一応厳しい立場で、直線も前が壁に
なって、しっかり追い出す前に後ろの馬に交わされた格好。度外視できる。
フットワークの良さが売りの馬なので、天候は少し気になるが、地力&適性を
考えれば、どうやっても上位扱いにはなる。
ある程度好位からスムーズな競馬が出来れば、当然頭まであっていいはず。

注ロードクエスト
前走は、道中が締まって、多くの馬が早い段階で脚を使い切るような展開で、
追い上げに脚を使った後ろが止まって→結果好位が残ったレース。
その中でこの馬は、立ち遅れて前半部分でも脚を使った内容。度外視できる。
昨年ここでは、前半がスロー過ぎて全く浮上出来ずに終わったが、さすがに
今年はそこまでの展開にはならないはず。
地力&決め手は元々示しているし、ここには本来はまっていい存在。

△グランシルク
前走は、道中がかなり締まった展開の中で、この馬自身、道中~上がりで高い
パフォーマンスを示した内容で完勝。当然地力は認められる。
ただし印象として、(コーナーで加速していく様など)はまり過ぎ…と思える
部分はあって、直長コースの切れ勝負に対しては、スケール的にどうか…。
恵みの雨となるのかも知れないし、可能性もあるが、評価はここまで。

△ペルシアンナイト
単純に、アーリントンCで示したパフォーマンスを考えれば、ここでも十分
上位に扱える存在。
タイプ的には、地力がしっかり問われる展開の方が良さそうなイメージになる
ので、ここがピッタリという訳にはいかないが、雨でパワー寄りの馬場になる
かも知れないし、浮上の可能性は当然考えておきたい。

☆ブラックムーン
とにかく、道中~上がりという脚の使い方をして、それ一辺倒という馬だが、
そのカテゴリーの中では、十分に高いパフォーマンスを示せる。
普通に考えると、その手のタイプはここでは難しいのだが、馬場悪化で出番が
回ってくる可能性がないとは言い切れない。一応注目。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。