2020年8月26日水曜日

北九州記念回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • ハイペースから→後半は落ち込む展開。
  • 高い持久力が問われた。
  • 差し馬有利。

北九州記念結果

レッドアンシェル1.07.8 34.2 08-08
モズスーパーフレア1.08.1 35.7 01-01
アウィルアウェイ1.08.1 34.2 13-14
クライムメジャー1.08.2 34.1 16-15
アンヴァル1.08.2 34.3 13-15
トゥラヴェスーラ1.08.3 34.9 07-04
ジョーカナチャン1.08.3 35.6 02-02
プリディカメント1.08.3 34.4 13-12

天候:晴 芝:稍重
上り4F:46.0 3F:35.4
前半3F:32.4
11.5-10.3-10.6-11.2-11.7-12.5




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半がかなり速い&なかなか落ち着かない展開から、
後半しっかりと減速していきつつ→最後は大きく落ち込む形。

今回の特徴は、前半の厳しさ。前後半3Fが3秒差というのは2007年以来だし、
雨の影響で、馬場が少し進んだ状況での32.4秒というのは、やはり速い。
適性的には、当然高い持久力が問われて、脚質的には、シンプルに差し馬有利
というレースだった。

この先に向けては、斤量や、(例年と違い開催4日目という部分もあり)コース
取りなどの違いで、細かい上げ下げは必要になってくるだろうが、今回の場合、
まずは「好位の巻き返し」に注目はしたくなる。(このレースでは定番だが)

例えば上記の2007年の場合、前半で脚を使って(道中は少しだけ控えたが)→
そこそこの着に粘ったアストンマーチャン&サンアディユがスプリンターズSで
ワンツー。好位の巻き返し…どころか、大前進まで考えておきたい感覚。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

レッドアンシェル
前半の速い部分はある程度受け流して→ロスなく進めた格好だったが、最後まで
しっかり末を伸ばしての差し切り。
(実質的にはトップという訳ではないものの)斤量を背負う立場ではあったし、
自身33.6-34.2という前傾の内容で勝ち切ったことは収穫。地力は認めたい。
この先のヨコの比較…という点はともかく、とりあえず、スプリンターとしての
準備は整った感があるし、本番に向けても当然注目はしておきたい存在。

モズスーパーフレア
実質的なトップハンデ、作りにも余裕があった中で、この展開を演出しつつ→
しっかりと粘り込んだ強い2着。
もはや言うべき言葉もない。これはもう前進あるのみ…という雰囲気になるし、
春は少しケチのついた形ではあったが、秋は正真正銘…という形で、春秋連覇の
可能性は当然あっていいはず。大注目したい。

ジョーカナチャン
速い流れを2番手から。実質レッドアンシェルと同斤量、モズスーパーフレアと
比べれば距離を走っていることを考えれば、7着でも前からコンマ5秒差なら、
良く粘った…という扱いでいいはず。
前から2着している馬に対してはともかく、感覚的には当然巻き返しの方に期待
したくなるし、本番でも普通に面白そう。とりあえず動向に注目。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事