2022年7月22日金曜日

函館2歳ステークス回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 速い流れから、後半はしっかりと減速して行く展開。
  • 持久力が問われた。

函館2歳S結果

ブトンドール1.11.8 36.6 09-06
クリダーム1.12.0 37.5 01-01
オマツリオトコ1.12.0 35.8 13-13
ゴキゲンサン1.12.2 37.1 07-06
ミスヨコハマ1.12.2 37.0 09-06
ニシノシークレット1.12.2 37.3 06-05

天候:小雨 芝:稍重
上り4F:48.8 3F:37.3
前半3F:34.5
12.3-10.7-11.5-11.9-12.3-13.1



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、(馬場を考えれば)前半はやはり速い流れになって、
2F目以降は徐々に減速していきつつ→最後は落ち込む形。

今回は、実質的に前半で引っ張られて→ほぼ一直線にペースが落ちていく展開。
最後方にいたオマツリオトコだけは後傾の内容になっていて、別レースをした
雰囲気だが、他は全て前傾の内容。適性的には、持久力というレースになった。

脚質的には、前から残った馬もいるが、(相対的に)前半から脚を使った馬には
やはり厳しく、差し馬が優勢に。
少しでも溜めを入れる…ということが重要になった。

この先に向けては、基本的にはしっかりと地力が反映されたとは言えるので、
上位の力は認めておきたいし、それらの活躍にまずは期待したいところ。
あとは前から厳しくなった馬の巻き返しにも一応注目はしておきたい。
(まだまだここからがスタート。他路線組と比較しつつ、じっくり見守りたい)


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ブトンドール
位置取り的には一応恵まれた部分もあるが、自身としてもハッキリとした前傾の
内容になっていて、厳しい展開に"耐えられる"ことを示したし、改めて終いを
まとめられる…という力を証明した。
現段階で先を見通すのは難しいが、新馬戦の内容と合わせて考えれば、適性の
幅もある程度はありそうだし、多少の距離延長ならば対応できて良さそう。
次戦以降もじっくり観察してきたい。

クリダーム
好位にいた他の馬たちがこぞって沈んでいる中での→逃げ粘り。その地力は当然
認められるし、2戦目でシンプルにパフォーマンスを更新してきた。
新馬戦と今回の内容がともにハッキリとした前傾だったので、この先どのように
つながっていくのか?というのはあるが、この馬はハーツクライ産駒なので、
(距離延長など)条件が替わって→新味を出してくる可能性もあっていい。
その点はやはり次戦以降で見極めていきたいところ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。