2022年7月15日金曜日

七夕賞回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 前半引っ張られつつ→一旦落ち着いて、後半は長い脚を使う展開。
  • 一定の持久力&末脚の持続力が問われた。

七夕賞結果

エヒト1.57.8 34.4 06-06-05-03
ヒートオンビート1.58.2 34.3 10-11-10-08
アンティシペイト1.58.3 34.5 11-09-08-05
エヴァーガーデン1.58.6 35.4 04-04-04-03
ヒュミドール1.58.8 35.2 06-06-07-08
ヴァンケドミンゴ1.58.8 34.7 11-12-13-11

天候:曇 芝:良
上り4F:47.2 3F:35.3
前後半1000m:58.5-59.3
12.3-11.0-11.1-12.0-12.1-12.1-11.9-11.9-11.6-11.8



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半がある程度速くなり、道中は淀みなく流れつつも
形としては一旦落ち着いて、後半は徐々にペースアップしつつ→最後まであまり
スピードが落ちない展開。

今回の場合、例年の(梅雨時の)平均ラップとの馬場差を考えれば、道中では
多少の溜めが入っている扱いだが(緩くはないが)、前半部分では一応しっかり
引っ張られているため、やはり一定の持久力は必要になったはず。

また後半は、上位陣の動きを見ても、早めに追い掛けつつも→最後まで落とさず
長い脚を使った格好になっていて、適性的には末脚の持続力が問われた。

脚質的には、スタートで脚を使った前数頭は続かなかったが、それらを除けば
中団の前後で満遍なく…といったところ。
基本的には実力&適性が反映された印象ではある。

その点でこの先に向けても、斤量などの条件面での上げ下げは当然必要になる
だろうが、とりあえずは上位の力を信頼して、それらの活躍に期待したい感覚。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

エヒト
ある程度流れに乗りつつも道中はじっくり、後半は早い段階から積極的に詰めて
行って→最後までしっかりとキープする形での押し切り。持続力を示した。
斤量面では恵まれた方の立場だったが、勝負所では余力を感じさせる内容では
あったし、やはりその地力は認めておきたい。
次がどこになるのか?は分からないが、今回のような持久力&持続力方向の舞台
ならば当然期待できそうだし、瞬間的な動きはともかく、ある程度末も伸ばせて
いるタイプなので、(馬場の進み方次第では)最終週の新潟あたりでも面白いの
かも知れない。とりあえずは動向に注目したい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。