2022年7月16日土曜日

函館2歳ステークス展望(ラップ傾向&予想)2022


まとめ
  • 前半がある程度速くなって、上がりは粘り勝負になる。
  • スピード&持久力が問われる。
  • 予想◎ミシェラドラータ

過去のラップタイム

2021 11.9-10.4-11.4-12.0-11.9-12.3 33.7-36.2
2020 11.9-10.5-11.1-11.6-11.9-12.8 33.5-36.3
2019 12.2-10.4-11.0-11.5-11.7-12.4 33.6-35.6
2018 12.1-10.6-11.2-11.7-11.6-12.2 33.9-35.5
2017 12.1-10.7-11.7-11.6-11.6-12.3 34.5-35.5
2016 11.7-10.7-11.1-11.6-12.0-12.1 33.5-35.7
2015 12.2-10.6-11.3-12.0-12.3-12.2 34.1-36.5
2014 12.1-10.6-11.4-12.0-11.9-12.2 34.1-36.1
2013 12.0-10.4-11.3-11.7-11.8-12.4 33.7-35.9
2012 12.0-10.7-11.4-12.1-11.7-12.5 34.1-36.3

過去10年の平均ラップタイム
12.02-10.56-11.29-11.78-11.84-12.34
1.09.83 33.87-35.96



ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半がある程度速くなって、(勝負所で多少踏み止まる
場合もあるが)基本的に2F目以降はしっかりと減速して行く展開になっている。

このレースの特徴はやはり前半の速さで、(コース自体の特徴でもあるが、この
時期の馬のレースということで尚更)最後はラップがしっかり落ちてからの粘り
勝負…という印象が強い。

実際に過去の勝ち馬を見ても、そのほとんどがかなりの前傾のパフォーマンスを
示す格好で勝利していて、速いペースへの対応力と、上がりの部分での持久力が
ここではどうしても必要になる。


好走する条件
・スピード&持久力があること



予想


天気が微妙。スピードで押し切るというよりも、ある程度上がりをまとめられる
タイプの方が、信頼はしやすいのかも知れない。

◎ミシェラドラータ
新馬戦は、開幕週の馬場で、自身イーブンに近い内容(やや後傾)でまとめつつ
→最後しっかり詰めての2着。2戦目は、速い流れの中で自身も前傾の内容を
示して、勝負所で早めに動きつつ→ねじ伏せるような格好での勝利。
それらの合わせ技で考えれば、ここでは普通に有力な存在だと思えるし、相手を
見ながら…という競馬も、状況的にはハマっても良さそう。推し切りたい。

○クリダーム
新馬戦は、前半まずまず高い水準で進めつつ→上がりをまとめての勝利。
パフォーマンス的にも初戦としてはかなり高く、2戦目を経験した馬と比べても
遜色ないし、やはり上位扱いになる。
適性の幅や位置取りの部分で、今回は相手を上には取ったが、可能性としては
当然頭まで考えておきたい存在。

▲アスクドリームモア
新馬戦は、ミドルペースくらいの流れではあったが、勝負所を積極的に攻める
形での勝利。とりあえず好印象…という内容ではあった。
厳密に言えばパフォーマンスとしてはもう1つ上げてくる必要はあるし、連闘の
状態も気になるが、馬体はしっかりしているイメージ。注目してみたい。

注ブトンドール
新馬戦は、前傾の展開の中で、自身としてはほぼイーブンでまとめての勝利。
より厳しい展開に引っ張られてどうか?という部分はあるが、終いまでしっかり
伸び切れそうな雰囲気の馬だし、少しでも控えた競馬をすれば、今回の条件的に
ハマる可能性は十分にありそう。やはり注目はしたい。

△スプレモフレイバー
新馬戦は、ゆったり入りつつ→上がりをしっかりとまとめての勝利。
後傾の内容での逃げ切り…というところで、ここでペースが上がってどうか?
というのはあるが、パフォーマンス自体はやはり上位だし、位置取りの部分で
柔軟に調整できるのなら、可能性は十分ありそう。騎乗も含めて注目はしたい。

△ニーナブランド
5Fからの参戦ではあるが、しっかりとした後傾の内容になっているし、その手の
馬のここでの好走は、1つのパターンでもある。
(ラスト4Fで11秒台前半を続ける…ということを示しているのが大きいのかも)
少しでも控える競馬ができるなら…という条件はつくが、面白い存在ではある。

△ミスヨコハマ
新馬戦は、コーナーで外々を回して、1頭だけ余分に距離を走ったような内容に
なりつつも、後半でしっかり盛り返す形での2着。前走は、併せ馬のような形で
飛ばしつつ→直線しっかり踏ん張っての勝利。一定の力は感じさせる。
今回どのような競馬になるのか?は分からないが、やはり相手には考えたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。