2009年2月3日火曜日

東京新聞杯回顧 2009


東京新聞杯結果
アブソリュート1.36.936.711-10
キャプテンベガ1.37.136.712-12
スマイルジャック1.37.437.210-10
リザーブカード1.37.637.212-12
ゲイルスパーキー1.37.637.609-07
タマモサポート1.37.738.005-04

天候:曇 芝:不良
上り4F:49.7 3F:37.5
前半4F:47.2
12.5-11.0-11.5-12.2-12.2-12.2-12.4-12.9




レース評
ラップタイムを見ると、東京マイルでもダートの方か?と見間違えそうな形。
このような展開では普通なら持続力&持久力の高い馬が上位に顔を揃えそうなもの
なのだが、実際には直線まで何もしなかった(出来なかった)切れ味タイプの
独壇場という結果。

これはつまり馬場状態を考慮すると、前半が(ラップの見た目以上に)相当に速く、
道中もほとんど緩められず、前に行った馬はかなり消耗させられるレースだったと
いうことに他ならない。
したがって他力本願的に結果を出した上位馬はあまり評価できない。
(豪快に差し切った馬の上がりが36秒台後半では…)

逆に前でやり合って惨敗した馬の巻き返しは当然期待できるし、その中でも
大崩れせずに6着まで粘ったタマモサポートの力は信用できそう。

予想としてもスローからの切れ味勝負でしか結果を出せていなくて、持久力不足と
考えて、予想のかなり早い段階でブッタ切った馬の1、2ではどうしようもなく、
今回のレースは適性云々でどうにかなるものではなかったかと…。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

タマモサポート
上記したように好位につけた馬には厳し過ぎる流れで、それをここまで粘ったの
だから、次戦以降での巻き返しを最も期待していい馬。
切れ味&持続力がしっかりと問われる形であればG1はともかく、G2までなら
十分に主役を張っていける。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事