2009年2月8日日曜日

共同通信杯展望 2009


過去のラップタイムは以下の通り。(改修後に限定)

2008 12.5-10.6-10.8-11.9-12.7-13.0-12.2-11.5-12.4
2007 13.1-11.4-11.4-11.7-12.5-12.9-11.7-11.2-11.8
2006 13.0-11.5-11.5-12.2-12.8-12.6-11.7-11.4-11.7
2005 12.9-11.4-11.4-12.0-12.3-12.4-11.9-11.3-12.2
2004 12.6-11.4-12.1-12.7-12.1-12.3-11.3-11.5-11.4

過去5年の平均ラップタイム
12.82-11.26-11.44-12.10-12.48-12.64-11.76-11.38-11.90
1.47.78(35.52-37.22-35.04)




傾向
昨年は前半が速かったが、基本的には前半はミドルペースくらいで流れる。
そしてラップタイムからこのレースで最も特徴的なのは道中の遅さ。
その部分は毎年確実に緩むので、結局は上り勝負ということになる。

また府中のレースは上り3Fから一気に加速する展開が多く、そこからゴール
までが長いので、切れ味に加えて持続力が問われることになる。

また脚質的には、道中で脚を溜められるので基本的には前有利とみて
まず間違いない。
したがってある程度前から進められて、そこから切れ味&持続力を
発揮できるような馬がいたら完璧。

好走する条件
・切れ味&持続力をバランス良く持っていること
・ある程度好位から進められること(理想)


予想
過去の平均ラップからレース自体の上りが35秒フラットなのだから、
基本的な目安としては、逃げor先行馬なら35秒前後、差しor追い込み馬なら
少なくとも34秒台前半くらいで、今までに上がった経験がなければ
おそらく厳しい。

◎トーセンジョーダン
本当のところはトップスピードを長く維持するような経験はなく、
上りそのものの脚や持続力にはまだ未知数の部分があるのだが、
前走のポープフルSはレベルの高い内容だったし、地力ならここでは
1番高いはず。
スローペースにつき合ったりして持ち味を消すようなことさえなければ。

○ブレイクランアウト
持続力という点ではまだまだ物足りないものがあるが、前走を見ても
切れ味だけなら文句なくここではナンバーワン。
鞍上の腕とペースと位置取り次第では頭まで。

▲マッハヴェロシティ
前走の厳しい流れでまずまずの結果を残したことで、単純な切れ味だけの
馬という扱いではなくなった。
それでもブレイクランアウトには切れで劣るだろうし、複勝圏内争いまで。

注シェーンヴァルト
あまり速い脚はないものの、本来は持続力だけならここではナンバーワン
争いをするはずの馬。
前走のテンパった雰囲気からどこまで精神的に持ち直せるかが鍵。

△プロスアンドコンズ
切れだけならここでも上位。
しかし地力では少し劣るので、溜めて最後に突っ込んでくるくらいか。
鞍上の腕による。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事