2009年7月15日水曜日

プロキオンS回顧 2009


レース総括
■前半ゆったりとして一応は上がり勝負
■持続力が問われた


プロキオンS結果
ランザローテ1.22.736.103-03
トーホウドルチェ1.22.736.202-02
バンブーエール1.23.036.105-05
サイキョウワールド1.23.437.001-01
タマモホットプレイ1.23.636.705-05
サンライズバッカス1.23.636.012-10

天候:晴 芝:良
上り4F:48.1 3F:36.3
前半3F:34.6
12.3-10.8-11.5-11.8-12.1-11.8-12.4




レース詳細
ラップタイムを見れば、前半が例年と比べて緩いくらいのペースで進み、
一応は上がりの切れ&持続力勝負という形。
しかし過去のレースにおいて、前半がこのくらいのペースで流れたケースの
水準と比較すると、今年はゆったりした流れの割りに上がりが伸び悩んだ
印象は否めない。

脚質的には前半でそこまで無理をすることなく、勝負所までじっくりと
脚を溜められた先行馬が圧倒的に有利となり、そこから差し馬と同じような
脚を使われては、後ろからの馬が届くはずもなかった。

結局今回は持続力こそ問われたものの、持久力に関しては全く当てにできず、
レースレベルに関しても高いとは言えなくて、この先このレースを振り返る
ようなことがあれば、まずは疑って掛かった方が賢明だろう。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ランザローテ
トーホウドルチェを目標に、満を持した仕掛けからきっちり差し切る内容で、
やはり持続力に関してはなかなかのものを持っている。
しかし上記したように持久力に関してはあまり問われなかったので、もっと
厳しい流れになるような格の高いところではまだまだ信用はしづらい。

トーホウドルチェ
スタートで他の馬の置き去りにするスピードは大したものだが、その後は
直線入り口まで比較的楽ができる展開だったので、この結果をそのまま
この馬の実力とすることは危険。
よりスピードが活きてラストの粘りも問題ない6F戦ではともかく、それよりも
長いところではもう1戦見守るべき。

バンブーエール
この馬が勝負所で上の2頭よりも早めに動いているのに対して、じっくりと
溜められた前の馬が全く止まらないのであれば、結果としては仕方がないし、
むしろこの斤量を考慮したら良く頑張っている方。
当然、より地力が問われるような舞台での巻き返しには期待していいし、
上の2頭を逆転するのはそんなに難しいことでもない。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事