2009年7月5日日曜日

函館スプリントS展望 2009


予想
ペースはエムオーウイナーとマヤノツルギがどの程度やり合うかにもよるが、
今のこの2頭で暴走気味に速いような流れまでは考えづらい。
そうなればおおよそ前後半イーブンに近いような、上がりのスピードが
必要とされる展開が想定される。

◎タニノマティーニ
昨年、同舞台のキーンランドCを勝っているわけだし、元々スピードの持続力
勝負は得意。
あとは叩き2走目で昨年の夏~秋くらいの状態に戻っていれば可能性は十分。

○メイショウトッパー
毎回前後半イーブンくらいで走れていて、持続力に関しては問題ないし、
上がりの性能そのものも高い。
展開的に嵌ればいつの間にか前に立っている可能性もある。

▲グランプリエンゼル
前々走の橘Sの内容はなかなか強いもので、上がりは少し限界があるかも
しれないが、斤量の軽いここなら十分に残れる可能性はある。

注アーバンストリート
上がりの性能は言うまでもなく相当なものを持っている。
それでも好位の馬がそれ程止まらないような展開では差し届かない可能性も
高く、やはり問題は道中での位置取りということになる。
それでも前走でそのような負けをした経緯があるので、鞍上の対応次第では
今回はもう少し良い結果を期待できるかもしれない。

△アポロフェニックス
最近の成績を見ると、この馬ほど走る時と走らない時の理由付けが
難しい馬はいないのだが、もし今回が前者であるならば、突き抜ける
可能性すらあり得る。
しかし信頼はできないので印はこのあたりに留めたい。

△スピニングノアール
上がりの性能は高いが、前半の速さがなくてどうしても位置取りが後ろになる。
したがってここの流れではある程度迫ってくるとは思うが、結局は差し
届かない可能性が高い。
鞍上が福永から中舘に替わったのも割引き材料。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事