2009年8月22日土曜日

札幌記念の傾向 2009


札幌記念過去10年のラップタイム
過去のラップタイムを見てこのレースの傾向を探ってみたい。

2008(タスカータソルテ:1.58.6)
12.3-10.9-11.5-11.7-12.0-12.2-12.2-12.4-11.6-11.8

天候:曇 芝:良
上り4F:48.0 3F:35.8
前半1000m:58.4
勝ち馬コーナー通過:09-08-08-07
勝ち馬上り3F:34.3


2007(フサイチパンドラ:2.00.1)
12.7-10.9-11.9-12.7-12.5-12.5-12.1-11.7-11.4-11.7

天候:晴 芝:良
上り4F:46.9 3F:34.8
前半1000m:60.7
勝ち馬コーナー通過:01-01-01-01
勝ち馬上り3F:34.8


2006(アドマイヤムーン:2.00.3)
12.7-11.2-12.1-12.6-12.6-12.6-12.2-11.6-11.4-11.3

天候:晴 芝:良
上り4F:46.5 3F:34.3
前半1000m:61.2
勝ち馬コーナー通過:11-11-11-09
勝ち馬上り3F:33.5


2005(ヘヴンリーロマンス:2.01.1)
12.6-11.5-12.1-12.3-12.0-11.9-12.0-11.9-12.0-12.8

天候:雨 芝:良
上り4F:48.7 3F:36.7
前半1000m:60.5
勝ち馬コーナー通過:10-09-11-08
勝ち馬上り3F:35.9


2004(ファインモーション:2.00.4)
12.9-11.1-11.6-12.2-12.1-12.3-12.1-11.7-11.8-12.6

天候:晴 芝:良
上り4F:48.2 3F:36.1
前半1000m:59.9
勝ち馬コーナー通過:11-11-11-05
勝ち馬上り3F:34.9


2003(サクラプレジデント:2.00.3)
13.1-11.6-11.8-12.2-12.1-12.3-12.1-11.7-11.7-11.7

天候:曇 芝:良
上り4F:47.2 3F:35.1
前半1000m:60.8
勝ち馬コーナー通過:08-08-08-03
勝ち馬上り3F:33.7


2002(テイエムオーシャン:1.59.5)
12.6-10.5-11.7-12.4-12.3-12.4-12.2-11.9-11.9-11.6

天候:晴 芝:良
上り4F:47.6 3F:35.4
前半1000m:59.5
勝ち馬コーナー通過:04-04-03-03
勝ち馬上り3F:34.5


2001(エアエミネム:2.00.1)
13.1-10.7-11.9-13.1-12.2-12.4-12.0-11.6-11.4-11.7

天候:晴 芝:良
上り4F:46.7 3F:34.7
前半1000m:61.0
勝ち馬コーナー通過:04-04-04-02
勝ち馬上り3F:34.4


2000(ダイワカーリアン:1.59.9)
12.6-11.4-11.8-12.2-12.2-12.1-12.0-11.7-11.8-12.1

天候:晴 芝:良
上り4F:47.6 3F:35.6
前半1000m:60.2
勝ち馬コーナー通過:01-01-01-01
勝ち馬上り3F:35.6


1999(セイウンスカイ:2.00.1)
12.7-10.9-11.9-12.2-12.2-12.2-12.0-12.0-11.9-12.1

天候:曇 芝:良
上り4F:48.0 3F:36.0
前半1000m:59.9
勝ち馬コーナー通過:07-07-02-02
勝ち馬上り3F:35.9


過去10年の平均ラップタイム
12.73-11.07-11.83-12.36-12.22-12.29-12.09-11.82-11.69-11.94
2.00.04




傾向
ラップタイムを見れば、前半ミドルペースから、道中はこのレベルのレースに
しては案外ゆったりとした流れとなり、ラストはかなり速いスピードを維持
したままゴールを迎える形。

この展開では、極端に緩む訳ではないために一定の持久力は問われるものの、
それさえクリアできるのなら勝負所での切れ&末脚の持続力が重要となり、
純粋に上がりの性能の高い馬が好走してくる。

とは言え、このレースは毎年G1級の馬でなければ勝ち負けするのは難しく、
結局は"格"が物を言うことになり、逆に言うと、この程度の道中の水準で
勝負所まで十分に余力を残せず、上がりで切れが発揮できないのならG1には
決して届かないということになる。

脚質的には、末のスピード持続力勝負ということで、基本的には好位差し
あたりのイメージが湧きやすいのだが、道中の速さ次第では逃げ、先行馬が
そのまま押し切るケースも見られ、出走馬を見渡した上でのペース判断が
重要になる。


好走の条件
・勝負所での切れ&末脚の持続力があること






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事