2009年8月7日金曜日

関屋記念の傾向 2009


関屋記念過去8年のラップタイム
コースが改修された2001年からのラップタイムを見て
このレースの傾向を探ってみたい。

2008(マルカシェンク:1.32.8)
12.6-11.3-12.1-12.3-11.6-11.0-10.0-11.9

天候:晴 芝:良
上り4F:44.5 3F:32.9
前半4F:48.3
勝ち馬コーナー通過:09-09
勝ち馬上り3F:32.3


2007(カンパニー:1.31.8)
12.8-10.6-11.0-11.2-11.7-11.8-10.3-12.4

天候:晴 芝:良
上り4F:46.2 3F:34.5
勝ち馬コーナー通過:13-13
勝ち馬上り3F:33.3


2006(カンファーベスト:1.32.5)
12.9-11.0-11.7-11.7-11.7-11.3-10.1-12.1

天候:晴 芝:良
上り4F:45.2 3F:33.5
勝ち馬コーナー通過:07-07
勝ち馬上り3F:32.9


2005(サイドワインダー:1.32.3)
12.3-10.7-11.6-11.9-12.0-11.3-10.6-11.9

天候:晴 芝:良
上り4F:45.8 3F:33.8
勝ち馬コーナー通過:15-15
勝ち馬上り3F:32.6


2004(ブルーイレヴン:1.32.3)
12.5-10.8-11.5-12.0-11.6-11.2-10.6-12.1

天候:晴 芝:良
上り4F:45.5 3F:33.9
勝ち馬コーナー通過:03-04
勝ち馬上り3F:33.6


2003(オースミコスモ:1.31.8)
12.2-10.7-11.4-11.7-11.1-11.9-10.9-11.9

天候:晴 芝:良
上り4F:45.8 3F:34.7
勝ち馬コーナー通過:04-04
勝ち馬上り3F:34.2


2002(マグナーテン:1.31.8)
12.5-10.6-11.3-12.0-11.6-11.1-11.0-11.7

天候:晴 芝:良
上り4F:45.4 3F:33.8
勝ち馬コーナー通過:02-02
勝ち馬上り3F:33.6


2001(マグナーテン:1.31.8)
12.6-10.8-11.3-11.5-11.8-11.2-10.8-11.8

天候:晴 芝:良
上り4F:45.6 3F:33.8
勝ち馬コーナー通過:02-02
勝ち馬上り3F:33.4


過去8年の平均ラップタイム
12.55-10.81-11.49-11.79-11.64-11.35-10.54-11.98
1.32.14




傾向
ラップタイムを見てまず目につくのは、やはり上がりでの加速とその絶対的な
スピードの速さで、当然上がりの性能が高くなければ話にならない。

ただしそちらの方にばかり気を取られている訳にはいかず、もう一つ見落とせ
ないのが前半~道中もある程度速く流れていること。

つまりイメージ的には昨年のような、ゆったりとしたペースからの完全な
上がり勝負…という舞台ではあるが、実際にはそのように緩くなることは
例外だと言えて、本来はそれ程緩まない流れから一定の持久力も問われる。

したがってその点をクリアできて、尚且つ長い直線を伸び切るための持続力を
持っていることが好走するためには必要となる。
さらに勝ち切るところまで考えれば、勝負所で優位に立つためにある程度の
切れ味を備えていれば心強い。


好走の条件
・一定の持久力は必要
・スピード持続力があること







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事