2009年8月18日火曜日

北九州記念回顧 2009


レース総括
■前半がかなり速く、後半が掛かる形
■軽ハンデ&上がりの脚を持ったタイプが好走


北九州記念結果
サンダルフォン1.07.534.308-04
レディルージュ1.07.734.606-04
カノヤザクラ1.07.834.706-04
ウイントリガー1.07.934.313-13
メリッサ1.08.034.314-14

天候:晴 芝:良
上り4F:45.4 3F:34.8
前半3F:32.7
11.8-10.3-10.6-11.3-11.4-12.1




レース詳細
ラップタイムを見れば、過去の平均ラップにかなり近いものとなっていて、
前半が速く、後半の時計が掛かるような相当な前傾の形。
この展開では普通であればかなりの持久力が問われるところ。

しかし好走した馬を見渡せば、軽ハンデの馬が多いのはともかく、
ある程度上がりの性能の高いタイプが案外多くなっている。

つまりこのレースは中山や福島などでよく見られる、上がり不問の完全な
持久力勝負というものとは一線を画しているようで、(もちろん速い
道中に対応できるということは必要だが)スピード持続力の勝負というのが
本来の姿なのかも知れない。(その原因はおそらく馬場の速さに由来する)

今回の予想に関してはそもそも適性面での想定が間違っているのだから
完敗して当然だったが、夏の短距離レースの扱いという点では得られるものも
多かったので、そこだけはこの先に向けてしっかりと記憶しておきたい。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

サンダルフォン
元々上がりの脚は持っているし、持続力勝負は得意だが、それでも
ここの速さをある程度好位で難なく追走できているのは驚き。
それが普段からできるのであればこの先も当然活躍を期待していいが、
個人的にはもう1戦見守ってからにしたい。

レディルージュ
斤量は軽かったとは言え、今までにないくらいの速さを追走して尚且つ
最後まで脚をしっかりと残して見せ、この馬自身確実にステップアップ
していることが窺える。
それにしてもアイビスSDを除いて、これで古馬スプリント重賞では3歳馬が
常に連対していることになり(しかも全て違う馬)、この世代の実力が
どの程度なのか、秋が楽しみになってきた。

カノヤザクラ
この速い流れを今までにないくらいの好位で受けていて、それができるので
あれば、今年は昨年以上の活躍を期待していいのかもしれない。

メリッサ
速い前半への対応という点では元々不安があったが、それでも最後方から
という騎乗には疑問を感じる…。
ただ鞍上の感覚でそれしかなかったということであれば、この先大きな
飛躍はなかなか期待しづらい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事