2010年7月14日水曜日

七夕賞回顧 2010


レース総括
■ゆったりした流れから、上がりはロングスパートの形
■末の持続力が問われた


七夕賞結果
ドモナラズ2.00.4 34.7 14-14-15-16
アルコセニョーラ2.00.4 35.0 10-11-12-12
サンライズベガ2.00.5 35.3 12-12-09-06
バトルバニヤン2.00.5 35.5 10-08-04-02
トウショウシロッコ2.00.5 35.5 05-04-04-06
イケドラゴン2.00.6 35.7 03-04-04-02

天候:曇 芝:良
上り4F:47.4 3F:35.7
前半1000m:61.0
12.5-11.4-12.1-12.2-12.8-12.0-11.7-11.8-12.0-11.9




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや遅いくらいの流れで、道中は
一旦かなり緩む展開になり、向こう正面で一気にペースが上がって、上がりは
ロングスパートの形。

この展開では、持久力はあまり問われなかったが、終いの部分でかなり長い脚を
使う必要があったため、末脚の持続力を持っていることが重要になった。

脚質的には、馬場の影響とロングスパート合戦という展開によって、結果的には
後ろの馬が有利になって、ギリギリまで溜めた差し馬が1・2着、先に動いた
差し馬が3・4着、先行した馬が5・6着というように、条件次第では簡単に
隊列が変わりそうな雰囲気を醸し出していて、次戦以降ではその都度上げ下げ
することが重要になりそう。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ドモナラズ
鞍上のここへ来ての絶好調振りが凄いが…、この馬自身は新馬戦以外は1着
or馬券圏外という極端な成績の持ち主で、勝ち切ったケースで共通している
点を探せば、前半である程度溜められて、上がりが一定のスピードを刻み続ける
ような(ロングスパート気味の)持続勝負という形が多い。
つまり溜められた場合に最後まで伸び切るという能力に優れているイメージで、
そのような展開が想定できる場面では、この先注意しておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事