2015年3月6日金曜日

オーシャンS展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 12.0-10.9-11.0-11.6-11.5-11.9 33.9-35.0
2013 11.8-10.5-10.8-11.5-11.5-12.4 33.1-35.4
2012 11.9-10.4-11.1-11.4-11.6-12.8 33.4-35.8
2011 12.0-10.6-11.0-11.5-11.2-11.5 33.6-34.2
2010 11.9-10.4-11.1-11.4-12.1-12.9 33.4-36.4
2009 11.8-10.6-11.0-11.4-11.7-12.7 33.4-35.8
2008 12.0-11.0-11.1-11.4-11.2-12.2 34.1-34.8
2007 11.8-10.5-11.2-11.6-11.3-11.8 33.5-34.7
2006 12.1-10.4-10.8-11.3-11.3-12.7 33.5-35.9

過去9年の平均ラップタイム
11.92-10.59-11.01-11.46-11.49-12.32
1.08.79 33.54-35.33




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、2F目以降は基本的にはしっかり
減速していく展開で、勝負所で少し耐えた後、ラスト1Fはガタっと落ちる形。

このレースの特徴は(このコースらしく)やはり前半部分の速さで、基本的には
ハイペースからの持久力勝負が想定できる。

そうなれば当然、厳しい展開を浮上した、もしくは粘り込んだ経験を持っている
タイプが中心になることは間違いなくて、例えば京都などの、ある程度上がりの
速い舞台で(のみ)実績を示しているタイプの扱いには注意しておきたい。


好走する条件
・スピード(耐性)&持久力があること


予想
いくら水捌けが良くなった中山でも、先週くらいに降ればさすがに影響は大きい
…ということが分かったところで、今週も雨予報。
微妙だが、そこまで強く降る雰囲気でもないので、今回こそは馬場が真価を発揮
するのかも。(⇒天候は特に気にしない予想)

◎リトルゲルダ
基本的に持続力を活かしたいタイプだとは思うが、セントウルSの超ハイペース
戦を制している馬だし、経歴からは崩れているのはむしろ切れ勝負の時ばかり。
とりあえずこの手の展開も十分こなせると考えて良さそう。
さらに今回は消したい!という馬はいても、絶対に推したい!という馬が他には
いないので、それならば単純に地力で上くらいの扱いをしてみたい。

○サクラゴスペル
前走は、展開的に少し恵まれた部分もあった好走ではあるが、とりあえずそれを
状態が良い…と前向きに捉えれば、一昨年の厳しい展開を正攻法の競馬から勝ち
切っている馬だけに、ここではやはり注目してみたくなる。
これまでに示した裏付けから考えても、とにかく人気がなさ過ぎる印象。

▲スマートオリオン
昨年はここを勝ち切っている訳なので、当然適性は合っているし、上位候補には
やはり挙げておきたい存在。
前走に関しても、直線で進路がなくてあまり追っていないような内容だったので
度外視できるし、とりあえずここで巻き返す可能性は十分あっていいはず。

注アフォード
前走は、内先行有利な条件で、後方から外を回す競馬でしっかり浮上して4着。
その内容からも、この舞台への適性はやはり高く、展開的にもう少し引っ張られ
そうなここでの前進は十分に考えられそう。
ただし今回も結局外を回すしかないのであれば、勝ち切るところまでは微妙…。

△ワキノブレイブ
基本的には持続力を活かせる展開でこそというイメージではあるが、この舞台の
ハイペース戦でもそれなりに浮上はしているし、全く対応できない訳ではない。
前半からトップスピードに乗って行くようなタイプではないので、結局勝ち負け
までは届かないかも知れないが、一応注目はしておきたい存在。









0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事