2015年3月14日土曜日

中山牝馬S展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 12.7-11.4-11.8-12.3-12.2-12.0-12.0-11.7-12.4
2013 13.1-12.0-12.2-12.3-11.7-11.9-11.9-11.5-11.9
2012 12.8-11.4-11.9-12.7-12.7-12.8-12.0-11.8-12.5
2011 12.1-10.6-11.5-11.6-12.1-11.8-11.2-12.1-12.4 阪神開催
2010 12.3-11.2-11.5-11.7-11.9-12.3-12.5-11.8-12.4
2009 12.4-11.4-12.1-12.2-12.4-12.5-12.1-11.5-12.5
2008 12.2-11.6-12.4-12.3-12.3-11.8-11.8-11.5-12.5
2007 12.7-11.7-12.6-12.0-11.8-12.2-12.2-12.2-12.8
2006 12.4-11.4-12.1-12.0-12.2-12.5-11.8-11.8-11.6
2005 12.7-12.3-12.7-12.5-12.1-12.2-11.8-11.5-11.9

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.59-11.60-12.14-12.22-12.14-12.24-12.01-11.70-12.28
1.48.93




傾向(過去記事の転載)
過去の平均ラップタイムを見れば、前半ミドルペースくらいで、道中は極端には
緩まずほぼ一定のスピードで進み、勝負所で徐々に加速して、最後もそこまでは
落ち込まない…という形。

ここの特徴は、まずは(この舞台らしく)レース全体としてラップの緩急の幅が
あまり大きくはならないという点で、そうなれば基本は"持続力"…となることは
間違いない。

それでも牝馬のレースだけに、(近年は特に)道中の水準自体がそこまでの高さ
にはならないため、勝負所である程度しっかりと動ける…ということが必要で、
イメージ的には、持続力と切れをバランス良く備えているタイプが中心になる。


好走する条件
・持続力&切れがあること


予想

◎ブランネージュ
秋華賞で示したパフォーマンスを考えれば、とりあえずここでは地力上位という
ことになるし、程々に切れて程々に持続するタイプ的にも、極端には締まらず、
一定の加速力も問われるこのレースにはピッタリ嵌って良さそう。
久々の状態など、気掛かりな点もあるにはあるが、今回はこの馬の実力&適性を
素直に信頼してみたい。

○シャトーブランシュ
経歴からは、しっかりと脚が止まったと言えるのは、小倉大賞典まで遡らないと
見当たらなくて、常に一定以上の上がりを示している、単純に展開待ちの馬。
その意味では、この手の舞台でこそ輝けるタイプなはずで、積極策を取ることが
絶対条件にはなるが、ここはしっかりと注目しておきたい感覚。

▲バウンスシャッセ
元々この舞台ではフラワーCでしっかりと結果を残している馬だし、展開的には
逆境の立場だった秋華賞で示した地力を考えれば、やはり上位扱いになる。
印象としてはパワーに寄り過ぎな部分もあるため、勝負所でスムーズに動ける
…ということが必要なここで勝ち切れるかは微妙だが、好走は当然できるはず。

注アイスフォーリス
前走はレース後半でかなりの持続力を発揮した内容になっているし、東京の直線
勝負などでも結果を残していることから、それらの合わせ技でここの適性には
ピッタリ嵌る可能性も十分にありそう。
積極的なポジションから進めるようなら、勝ち負けまであっていいはず。

△パワースポット
道中~上がりのパフォーマンスに関してはかなり高いものを示している馬だし、
ここの水準でも普通に浮上は出来るはず。
ただしこのレースで勝ち負けするためには、もう少し前半から脚を使う必要が
あるため、位置取り的に複勝~掲示板圏内くらいまでが妥当な印象。









0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事