2015年3月20日金曜日

ファルコンS展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 11.9-10.3-10.8-11.9-12.2-11.8-12.3 33.0-36.3
2013 12.4-11.2-11.3-11.8-11.7-11.8-12.0 34.9-35.5
2012 12.1-10.8-11.9-12.4-12.4-11.9-12.5 34.8-36.8

過去3年のラップタイム



傾向(過去記事の一部修正)
とりあえずこのコースは、最初の直線の長さによって、基本的にかなりの前傾を
示し、余力勝負に近い性質になることから、持久力を備えていることが重要。

また3~4角の構造上、勝負所の手前で一旦ブレーキが掛かって、4角→直線で
しっかり加速という形になるため、単にハイペースを一本調子に粘るタイプでは
厳しく、メリハリのある展開に対応できる切れタイプの方がイメージは合う。

脚質的には、逃げたら一巻の終わり…の2200m程ではないにしろ、それに次いで
このコースは逃げ馬に厳しくなっていて、適性面は当然重視しつつ、基本的には
控える馬から考えたいところ。

※2013はフラットに近い展開になっているが、やはり前傾であることには変わり
ないし、今回もコースの特性通りの見方をしたい。


好走する条件
・持久力(&スピード耐性)があること
・一定の切れが必要


予想

◎フミノムーン
同舞台の前走は、馬場を考えると相当に速い展開で、それをしっかり突き抜けた
訳なので当然その地力は信頼できるし、それとは対照的にそれまでのレースでは
速い上がりも使えているので、とりあえずここで嫌う要素は特にない。
今回は絶好の7枠も確保したし、人気でも素直に推しておきたい。

○ヤマカツエース
単純に前々走のパフォーマンスは高くて、それだけでも普通に上位に扱っていい
はずだし、元々スプリントのハイペース戦もこなしている馬なので、スピード面
での問題もなく、ここでは普通に浮上してきそうなイメージ。
とりあえず今回、人気と実力のギャップが特に大きく感じる…という1頭。

▲ブリクスト
単純に1400mでのパフォーマンスを他と比較すれば、ここでは普通に上位扱いに
なるし、適性&脚質的にも普通に嵌りそうなイメージ。
いくらこのコースとは言っても、今回の大外枠というのは微妙だが、とりあえず
好走は確実にしてきそうな雰囲気。

注アクティブミノル
朝日杯FSは他の馬が道中で脚を使って勝手に自滅した…という部分もあるには
あるが、この馬自身のパフォーマンスとしても、前半でかなり脚を使う格好から
5着に粘っているのだから、地力は普通に最上位争いと考えていいはず。
脚質的にここでは逆境の立場にはなりそうだが、やはり注目はしておきたい。

△ワキノヒビキ
とりあえずダリア賞の内容だけを考えても、今の段階の基準で選んでも普通に
上位に扱えるパフォーマンスということになるし、条件が好転するここでの巻き
返しも一応あって良さそうに思える。
枠的にも良い所に入ったし、この人気なので、注目しておいても損はなさそう。









0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事