2020年7月11日土曜日

七夕賞展望(ラップ傾向&予想)2020



まとめ
  • 前半から速くなり、後半の仕掛けも早くなる展開。
  • 持久力&持続力が問われる。
  • 予想◎ウインイクシード

過去のラップタイム

2019 12.2-11.0-11.1-11.9-11.8-12.1-12.0-12.2-12.3-13.0
2018 12.4-10.8-11.2-12.0-11.8-11.9-12.1-12.6-12.9-13.1
2017 12.0-10.5-11.4-12.2-11.9-12.0-11.6-11.8-11.9-12.9
2016 12.3-11.0-11.0-11.9-11.7-11.6-11.7-12.2-12.4-12.6
2015 12.0-11.3-11.5-12.2-12.5-12.4-11.8-11.4-11.1-12.0
2014 12.2-11.4-11.2-12.0-12.1-11.9-11.9-11.6-11.8-12.6
2013 12.1-10.7-10.9-12.3-12.6-12.3-12.1-12.1-11.7-12.1
2012 12.3-11.2-12.0-12.3-12.5-12.4-11.8-12.0-12.2-12.4
2011 12.3-11.1-12.4-12.4-13.2-12.0-11.7-11.5-11.7-12.2 中山開催
2010 12.5-11.4-12.1-12.2-12.8-12.0-11.7-11.8-12.0-11.9

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.22-11.03-11.38-12.11-12.19-12.07-11.86-11.97-12.03-12.51
1.59.37




ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半から速く流れて、道中は2コーナー付近で一応は
落ち着くもののしっかりとは緩まない展開で、その後はラスト5F~4Fからの
ロングスパート→ラスト1Fは落ち込む形。

このレースは、以前はもう少しイーブンに近いような展開も見られたのだが、
近年はあからさまに前傾度が上がっていて、前半が速く、仕掛けのタイミングも
早い…という部分で、持久力&持続力の戦いになっている。

脚質的には、前から残ったパターンもない訳ではないのだが、先頭から1秒以上
(場合によっては2秒近く)離れたポジションからの浮上が基本となっていて、
とりあえずは差し馬を中心に考えておきたいところ。


好走する条件
・持久力&持続力があること



予想


上記のように差し馬を基本としたいレースだが、馬場は好位からの押し切りが
目立っている状況。今年は珍しくエアレーションもシャタリングもなし…という
作り方がやはり影響しているのかも。
それでいて今回は確固たる逃げ馬が不在。例年よりも前に寄せて考えたい。

◎ウインイクシード
前走は、かなり厳しい展開に引っ張られつつ→上がりをまとめての3着。負けは
したものの、そのパフォーマンスは高く、ここでも普通に上位に扱える。
近走は、馬券圏内を外したレースに関しても、展開的に逆境の立場ながらも→
良く粘った…という見方ができるし、今(の馬場で)こそ、これまでの頑張りが
報われそうな雰囲気。
必要以上に人気を落としているイメージで、妙味はあるし、推し切ってみたい。

○ジナンボー
示しているパフォーマンスでは、やはりここでは上位の扱い。
適性的には、本来この手の舞台がベストとはならないが、小倉大賞典や新潟記念
では、前半で脚を使いつつ→上がりをまとめる…ということが出来ているし、
ここの展開も十分こなせて良さそう。
馬場も味方しそうな状況で、位置取り的なアドバンテージから→地力で押し通す
可能性は考えておきたい。

▲マイネルサーパス
とりあえず福島ではパーフェクトで連対。基本引っ張られてこそで、2000m型の
展開も合うし、最後に粘り強く脚を伸ばしての浮上は当然考えられる。
あとは今の馬場に対して位置取りがどうか?だが、元々はラジオNIKKEI賞の時の
ように好位から好走した経験もあるし、前走後の鞍上の話からは、もう少し好位
という意識ではあった模様。少しでも積極的な選択になるのであれば。

注ブラヴァス
新潟大賞典は、前半である程度引っ張られつつ、後半長い脚を使う展開で4着。
勝ち馬のトーセンスーリヤは、その後宝塚記念でもしっかりと爪跡を残している
訳だし、自身としても、道中を高い水準で進めて→最後も一応しっかりと迫れて
いて、その力は認めていいはず。
もう少し人気するのか?と思っていたら案外…だし、注目はしておきたい。

△リュヌルージュ
厳しくなった福島牝馬Sも含めて、ここ3戦は、指数的には高いレベルで安定。
どちらかと言うと、前半が速いというより、道中が締まった展開でこそ…という
タイプで、本来この設定はピッタリとはいかないのだが、今の馬場であれば、
位置取り的なアドバンテージで乗り越えられる可能性はあっても良さそう。
馬体も素晴らしく映るし、やはり相手には考えておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事