2020年7月9日木曜日

CBC賞@阪神回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • 速い流れから→後半は一直線に減速していく展開。
  • 持久力が問われた。

CBC賞結果

ラブカンプー1.08.7 35.2 01-01
アンヴァル1.09.0 35.2 02-04
レッドアンシェル1.09.3 35.3 07-06
タイセイアベニール1.09.3 34.7 12-12
エイシンデネブ1.09.5 34.1 15-15

天候:晴 芝:稍重
上り4F:46.0 3F:35.2
前半3F:33.5
12.0-10.7-10.8-11.1-11.7-12.4




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半がある程度速い流れになって、後半は全く加速が
入らずに→ほとんど一直線に減速していく形。

比較対象としているラップが(馬場が速い時期の)セントウルSのため分かり
づらい部分はあるが、今回の特徴は、やはり前半の速さ。
飛ばして→耐える…というシンプルな構造の展開で、当然持久力が問われて、
その適性の部分で(持続的な)7F~8Fタイプが苦労した可能性はありそう。

脚質的には、押し通した前に、後ろが迫って…という構図だが、上位の3頭は
好位インから。差し浮上した(掲示板に載った)馬も、直線は内寄りからだった
ことを考えると、ロスなく進めるコース取りは重要だった印象。
内は荒れていたが、回復途上の馬場…という部分が上回ったのかも知れない。

それらの点から、この先に向けては、持続タイプや外を回って来た馬の巻き返し
…というところには注目しておきたいところ。

とにかく今回はラブカンプー。好走はしていても、しばらく勝てていなかった
馬の勝利が「復活」と表現されることもあるが、これこそが本当の復活。
勝ち切られてみての清々しさを、今回ほど感じられることはない。良かった。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ラブカンプー
長い1年半だった。個人的にも元々は注目していた馬ではあり、素晴らしく、
とても嬉しい復活劇。
厳しい展開を耐える…という方向性のタイプで、今回は自ら得意な展開を作って
→後ろの脚を消した形。どこまで狙っていたのか?は分からないが、鞍上も馬の
特性を活かした好騎乗だったと言える。
次はアイビスSDとのこと。別定戦で斤量を背負うことになり、そこが本当の
意味で真価が問われる場面となるが、当然しっかりと注目はしておきたい。

アンヴァル
ラブカンプーが復活するなら、それを見届けるのは、重賞級の未勝利戦を一緒に
演じた、幼なじみのこの馬が相応しい。
この馬も、キツいラスト1Fを耐える強さがあり、方向性としては"持久力"という
タイプ。その点、今回の展開に適性が合致しての好走だが、相手とは斤量差が
あったことを考えれば、やはりしっかりと評価はしておきたいところ。
この後のサマーシリーズでも当然注目しておきたい1頭。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事