2020年7月23日木曜日

函館2歳ステークス回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • 前半がかなり速く、その後も緩まない展開。
  • 高い持久力が問われた。

函館2歳S結果

リンゴアメ1.09.8 35.8 04-04
ルーチェドーロ1.09.8 36.1 02-02
ラヴケリー1.09.9 35.4 12-12
フォドラ1.09.9 36.4 01-01
カイザーノヴァ1.10.3 36.0 08-11

天候:曇 芝:良
上り4F:47.4 3F:36.3
前半3F:33.5
11.9-10.5-11.1-11.6-11.9-12.8




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半がかなり速く、その後も緩む場面のない展開で、
一直線に減速して行きつつ→最後は大きく落ち込んだ形。

今回の特徴は、やはり前半の速さ。
近年のこのレースの中でも、特別に前傾度が高い内容になっていて、適性的には
当然高い持久力が問われた。

脚質的には、好位の馬に、差し馬が迫って…という結果だが、それよりも今回は
まずは地力が物を言ったイメージ。

ただし、コーナー部分が(減速はしているが)溜める形にはならなかったため、
外を回して追い掛けた馬が、脚を使い過ぎた…ということは言えそうで、実際、
差し浮上した馬は内寄りから。ロスなく…というコース取りは重要だった。

この先に向けては、厳しい展開でも差し決着…という訳でもなかったので、当然
上位の地力は素直に認めたいところだし、(結局は成長力次第だが)それらの
今後の活躍に期待…と現時点ではしておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

リンゴアメ
勝負所では少し後れを取るような格好になったものの、最後までジワジワと脚を
伸ばしての勝利。先々のことはハッキリとは言えないが、地の強さは認めたい。
5Fからのローテでここを勝利…と言えばストークアンドレイだが、両者に共通
している点は、(馬場差を考慮した実質的に)"決め手"と表現できるレベルで、
速い上がりを使っていた…ということ。
シンプルに考えて、距離延長に対しては重要な要素というのは理解できるし、
今後に向けて、個人的にもこれはしっかりと覚えておきたいところ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事