2021年9月16日木曜日

セントウルステークス@中京回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • 前半から速く&道中も締まった展開。
  • 高い持久力&持続力が問われた。

セントウルS結果

レシステンシア1.07.2 34.0 02-02
ピクシーナイト1.07.2 33.3 06-06
クリノガウディー1.07.4 33.8 04-04
ジャンダルム1.07.4 32.6 15-13
カレンモエ1.07.6 34.0 04-04

天候:曇 芝:良
上り4F:45.0 3F:34.3
前半3F:32.9
11.9-10.3-10.7-10.9-11.1-12.3



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半速い流れから、道中もかなり締まった展開になり、
最後は落ち込んだ形。

今回は、野芝オンリーの開催らしいスピードレースになったが、前後半3Fの差が
1.4秒という前傾。その差が1.9秒の昨年ほどではないにしても、やはり展開は
厳しかった扱いで、前半から引っ張られつつ&速いスピード水準に居続ける…
というところで、高い持久力&持続力が問われた。

脚質的には、各馬の前半3Fは、前は32秒台でさすがに速かったが、最後方では
35秒台に突入していて、これは控え過ぎ。結局昨年と同じように、無理をしない
好位でそれなりに流れに乗って→上がりをまとめた馬が優勢になったイメージ。
(前から押し通した勝ち馬&最後方から浮上した4着馬だけが異質)

本番に向けては、中山はやはり前半に偏りやすい舞台ではあるし、ここで厳しい
ラップを踏んで好走した馬は、普通に活躍できても良さそう。
その筆頭は当然、2番手から→押し通した勝ち馬!とはなる。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

レシステンシア
これまでとは一線を画すレベルの速い入り方をしつつ、直線は満を持しての追い
出しから→しっかりと踏ん張っての押し切り。
最後迫られはしたものの、シンプルに強い競馬だった。
とにかく、裏付けとしてこれが見たかった!という内容で、距離短縮組らしい
元々の持続力に加えて、ハイペース耐性を証明。穴がなくなったと言える。
仮に今回差されていたとしても、巻き返しての→戴冠が期待できていたようにも
思えるくらいだし、どうぞ持って行って下さい…という感覚。大注目したい。

ピクシーナイト
それなりに流れに乗りつつも少し控えて→上がりをしっかりとまとめての2着。
自身としては後傾の内容だが、一応33秒台では入っている形だし、本番に向けて
脚を測るという意味では、いい予行演習になったのかも知れない。
この馬の場合は、前走で32秒台で入った経験も既にあるし、6Fでは自在性を発揮
している点で、(馬場や展開など)対応できる条件には幅がありそう。
本番でも崩れにくそうな雰囲気ではあるし、可能性は当然考えておきたい。

ジャンダルム
(躓いて?)後方からになりつつも、しっかりとした決め手を発揮しての4着。
とりあえずは、良く浮上した…という扱いになる。
本番に向けては、前3Fが34.8秒のこの内容だけだとさすがに不安だが、春雷Sの
自身33.5-33.8という内容での勝利がある馬。2戦連続で後手を踏んでいる点で
スタートの不安は残るが、前進の目はあるのかも。
個人的にも、もう1度しっかりと考えてみたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事