2021年9月16日木曜日

紫苑ステークス回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • 水準の高い道中から→上がりをまとめる展開。
  • 一定の持久力&切れ&持続力が問われた。

紫苑S結果

ファインルージュ1.58.2 34.2 06-06-06-05
スルーセブンシーズ1.58.5 34.3 09-09-09-10
ミスフィガロ1.58.5 33.9 11-11-12-12
シャーレイポピー1.58.6 34.8 03-03-03-03
トウシンモンブラン1.58.7 34.7 06-06-06-07

天候:晴 芝:良
上り4F:46.6 3F:34.8
前後半1000m:59.7-58.5
12.2-11.1-12.0-11.9-12.5-11.9-11.8-11.8-11.4-11.6



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半平均的な入り方から、道中は(落ち着いた瞬間も
あるが)締まった展開になり、後半は長い脚を使う中で→もう1つ加速する形。

今回の特徴は、速いスピード領域に"居続けた"時間の長さ。
縦長の隊列で前が少し緩急をつけた部分もあるが、流れに乗りつつ、かと言って
無理はせず…という上位馬の内容を見れば、前半~道中で平均的に脚を使って
→上がりをまとめた格好。実質は後半型の一貫したラップだったと言えそう。

そして追走部分の水準に関しては、近年の中ではかなり高い方の扱いになって、
当然一定以上の持久力が問われつつ、(後半の脚の使い方から)適性的には切れ
&持続力をバランスよく備えていることが重要になった。

脚質的には、(前述の通り)無理はせずとも、ある程度流れに乗った馬が優勢に
なったが、後半速いラップを刻み続ける展開…という部分で、(勝ち馬以外は)
ロスなく回した馬が基本は上位に入った。

この先に向けては、とりあえず今回は(本来は逆境の立場になりそうな)外を
回しつつ→完勝したファインルージュということになるし、同馬の活躍に素直に
期待。以下の馬に関しては、コース取りなどで細かい上げ下げをしたいところ。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ファインルージュ
他の上位が基本的にロスなく回してきたのに対して、この馬は終始外から進め
つつ→そのまましっかりと押し通した横綱相撲。
見た目も内容も1つ抜けていた雰囲気だし、これはシンプルに価値が高そう。
秋華賞@阪神の展開が実際にどうなるのか?は分からないが、京都と比べれば
多少は道中&上がりの方に寄る可能性もあるし、その点ではいい予行演習には
なったのかも。(あとは相手の問題)
また今回の、後半11秒台のラップを刻み続ける中で→もう一脚という内容から、
ゆくゆくは(ノームコア的に)5月の府中というのも1つのターゲットになり
そうだし、直近でも、長い目でもしっかりと注目しておきたい存在。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事