2021年9月2日木曜日

キーンランドカップ回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • 落ち着いた入り方から、(実質的には)フラットに近い展開。
  • 持続力が問われた。

キーンランドC結果

レイハリア1.09.1 34.8 02-03
エイティーンガール1.09.1 34.0 09-10
セイウンコウセイ1.09.2 34.6 04-06
カイザーメランジェ1.09.3 35.0 02-02
アストラエンブレム1.09.4 34.2 12-11
マイネルアルケミー1.09.4 34.8 04-03
メイケイエール1.09.4 35.4 01-01

天候:晴 芝:良
上り4F:46.1 3F:35.1
前半3F:34.0
12.3-10.7-11.0-11.5-11.6-12.0



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、スタートは落ち着いた入り方をしつつ、その分道中は
淀みのない展開になり、その後は徐々に減速という形。

今回の道中に関しては、メイケイエールの動きによるところも当然大きいので、
結果的に1つ控えた勝ち馬を基準に考えると、ラストは11秒台でまとめられて
いる形。実質はもう少しフラットなラップで、適性的には持続力が問われた。

脚質的には、上がりが止まり切らない展開になって、基本は好位優勢と言えそう
だが、それと同時に最後を伸び切れるかどうか?というところで、(コーナーで
斜めに…ではなく)直線で真っ直ぐに力を使うことが重要だったイメージ。

この先に向けては、ペースの割りには上がりがあまり伸びていないこともあって
(そういう馬場なのか)、指数もなかなか高くはならないのだが、とりあえずは
長く脚を使う…という部分での裏付け(上位馬)として扱っていきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

レイハリア
好発から→インを取りきって、最終的にはポケットでじっくり。そこから直線で
少し持ち出して、最後までジワジワと脚を伸ばしての勝利。持続力を示した。
数字的には前走を上回っている訳ではないものの、古馬を相手にして、積極的な
内容から→実際に勝ち切った事実はやはり評価しておきたい。
これで4連勝。現段階では、もっと厳しいラップを踏んでどうか?というのは
あるが、まだまだ更新の可能性は十分。しっかりと注目していきたい存在。
(とりあえず、そろそろ葵Sもグレードが貰えるかも知れない)




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事