2022年8月19日金曜日

小倉記念回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • まずまずの入り方から、後半はロングスパートの展開。
  • 持久力&持続力が問われた。

小倉記念結果

マリアエレーナ1.57.4 34.6 05-04-03-02
ヒンドゥタイムズ1.58.2 35.0 11-11-11-09
ジェラルディーナ1.58.2 35.0 09-09-11-09
カテドラル1.58.6 35.1 14-13-14-12
ピースオブエイト1.58.7 35.6 05-06-08-05
ムジカ1.58.7 35.7 05-04-06-08
カデナ1.58.7 35.3 15-15-14-09

天候:晴 芝:良
上り4F:46.7 3F:35.0
前後半1000m:58.9-58.5
12.4-11.0-11.3-12.2-12.0-11.8-11.7-11.7-11.6-11.7



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半まずまずの入り方をしつつ、道中もしっかりとは
緩まない展開で、後半は11秒台のラップを刻み続ける形。

今回の場合、時計はそれなりに出ていた馬場なので、極端に速い流れ…という
扱いにはならないが、ラスト2Fは圧勝した勝ち馬が1頭で作ったラップ。

2番手以降で考えれば、実質的には最後がもう少し落ち込んで→全体としては
むしろ前傾の形になっているはずだし、引っ張られつつ→長い脚を使う展開の
中で、持久力&持続力が問われるレースだった。

脚質的には、勝ち馬は好位からだが、他は中団以降に控えた馬と、(ある程度
流れに乗りつつも)道中で少し溜めた馬が上位。息を入れにくい展開の中で、
基本は差し馬優勢だったように思える。

この先に向けては、(ゴチャついたりして)巻き返し要素のある馬はいるが、
今回はともかく、非の打ちどころがない内容を示した勝ち馬。条件が替わって
どうか?というのはもちろんあるが、やはりその活躍に期待をしたくなる。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

マリアエレーナ
好位の内で流れに乗りつつ、4コーナーで楽に先頭に躍り出て→直線でしっかり
突き放しての勝利。相手が少しゴチャついた…という部分はあるが、何だかんだ
上がりは最速だし、その(持久力&)持続力は当然認めておきたい。
前走も内容は良かったし、とにかく今は充実している雰囲気。
このスピードに寄った競馬が、この先どこにつながるのか?は難しいところだが
(あまり馬格がない…という部分も含めて)、やはり注目はしたくなる。
同じクロフネ産駒ということでは、アエロリット的に秋の府中でどうか…など、
しばらくは想像をめぐらせてみたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。