2022年8月7日日曜日

レパードステークス展望(ラップ傾向&予想)2022


まとめ
  • 前半速い流れから、後半はある程度緩急のつく展開。
  • 高い持久力&一定の切れが問われる。
  • 予想◎タイセイドレフォン

過去のラップタイム

2021 12.4-11.2-12.3-12.9-12.6-12.6-12.8-11.9-12.6
2020 12.6-11.1-12.0-12.6-12.4-11.9-12.2-11.9-12.5
2019 12.4-10.5-11.7-12.5-13.0-12.6-13.2-12.8-12.6
2018 12.6-11.6-12.4-13.0-12.3-12.3-12.8-12.5-12.5
2017 12.3-11.1-12.7-13.1-12.5-12.8-12.9-12.7-12.8
2016 12.5-11.0-12.1-12.6-12.5-12.6-12.5-12.1-12.7
2015 12.5-10.9-12.3-13.0-12.8-12.5-12.8-12.3-12.8
2014 12.6-10.6-12.8-13.2-12.7-12.7-12.3-11.5-12.0
2013 12.4-11.2-12.1-12.7-12.6-12.3-12.5-12.2-12.3
2012 12.6-10.9-12.1-13.2-12.6-12.6-13.0-12.1-12.7

過去10年の平均ラップタイム
12.49-11.01-12.25-12.88-12.60-12.49-12.70-12.20-12.55
1.51.17



ラップ傾向

(過去記事の転載)

過去のラップタイムを見て、とりあえず目立っているのが前半の速さで、そこで
確実に引っ張られることから、後半部分では高い持久力が問われることになる。

その後の道中の水準に関しては少しバラついているが、展開的に小回りのキツい
コーナーで減速→直線でしっかりと加速…という部分は共通していて、当然その
部分で力強い脚を使えることが必要となる。

したがってここでは、まずは速いペースに引っ張られた経験が物を言うはずで、
そのレースでしっかりと粘ったor浮上できた…という裏付けは取っておきたい。
あとはそれに加えて、(勝ち切るところまで考えると)ある程度の切れ(変化
への対応)も合わせて示しているタイプ…というイメージで選びたい。


好走する条件
・高い持久力が必要
・一定の切れがあること(勝ち切る条件)



予想


◎タイセイドレフォン
前走は、少し控えた好位インから、道中を高い水準で進めつつ→直線は上り坂で
しっかりと違いを見せつけて→そのまま押し通しての圧勝。
そのパフォーマンスは単純に高く、ここでも当然の上位扱いになる。
後ろからになりつつ&掛かって…というヒヤシンスSでは結果を出せなかった
ものの、小倉では前半から脚を使う内容で勝利しているし、この舞台で必要に
なる要素は備えていそう。推し切っておきたい。

○ホウオウルーレット
前走は、好発から(周りの動きを見ながら)一旦控えて、後半は外を大きく回し
つつ→上がりをしっかりとまとめての圧勝。そのパフォーマンスはやはり高く
なっているし、自身が刻んだリズムとしても、ここにつながっていいはず。
今回はどのような競馬になるのか?分からないが、ある程度流れに乗りつつ→
(追い上げで)斜めに脚を使わなければ、やはり普通に好走はしてきそう。

▲インディゴブラック
前走は、前半で脚を使いつつ、道中は少し溜める格好から(水準は低くない)
→後半で再度しっかりと上げる形での押し切り。そのパフォーマンスは単純に
高くなっているし、ここでも普通に上位に扱える。
同じことが9Fで出来るか?とはなるものの、そこで破ったジャスパーグレイトも
先週新潟で圧勝しているし、つながる可能性はあっていい。注目しておきたい。

注ハピ
3走前は道中~上がりで高いパフォーマンスを発揮。2走前はもう少しじっくり
とした仕掛けの中で、しっかりと上がりをまとめた格好。
前走のG1でもちゃんと浮上している訳だし、その実力には疑いはない。
ただし藤岡佑Jに替わってからは後方が定位置のようになっている点で、新潟の
小回りでは斜めに力を使い過ぎてしまうリスクはある。今回は相手まで。

△トウセツ
前走は、前半からしっかり脚を使いつつ、道中もまずまずの水準から→上がりを
まとめた格好。そのパフォーマンスは高くなっているし、道中以降では厳しい
ラップを踏んだ前々走の内容を合わせて考えれば、ここでも上位。
タイプ的に、後半でもう1つ上げられるか?というのはあるが、相手としては
しっかりと注目しておきたい。

☆メイショウユズルハ
同舞台の前走では、前半からある程度脚を使いつつ→後半でそりなりに変化を
つける格好での押し切り。多少大味に見える部分はあったものの、内容的には
(リズムとしては)ここにつながっても良さそう。
パフォーマンス自体は、ここではもう1段上げてくる必要があるが、一息入れて
成長してくる可能性もある。注目はしておきたい。

☆ギャラクシーナイト
2走前は、前半でしっかりと脚を使いつつ→上がりを粘っての勝利。
3走前は、もう少し道中の方に寄せる形で逃げつつ→押し切っての勝利。
3月までの時点というところでは、ともに悪くない水準だった…とは言えるし、
特に前者の内容は、新潟につながっても良さそう。
パフォーマンスの更新は必要だが、そうなる可能性は考えておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。