2011年1月23日日曜日

平安S展望 2011


過去のラップタイムは以下の通り。

2010 11.9-11.2-12.4-12.5-13.1-12.6-12.0-12.6-12.8
2009 12.3-11.2-12.4-12.8-13.0-12.7-12.5-11.7-11.8
2008 12.5-11.2-12.4-12.4-12.8-12.3-12.2-12.3-12.9
2007 12.3-11.5-13.4-12.9-12.1-12.2-11.8-12.3-12.5
2006 12.2-11.2-13.0-12.8-12.8-12.7-12.0-11.5-12.0
2005 12.2-10.7-12.8-12.4-12.8-12.7-12.1-12.2-12.4
2004 12.4-11.7-12.7-12.3-12.6-12.3-12.4-12.4-12.5
2003 12.2-11.5-12.3-12.0-12.2-12.2-12.0-12.3-13.0
2002 12.1-11.5-12.7-12.3-12.4-12.4-12.0-12.4-13.1
2001 12.2-11.4-12.5-12.3-12.4-12.1-11.9-11.8-12.1

過去10年の平均ラップタイム
12.23-11.31-12.66-12.47-12.62-12.42-12.09-12.15-12.51
1.50.46




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらい、道中は少し
落ち着いた流れになり、3コーナーから徐々に加速しつつ、上がりはある程度
速いスピードを維持する形。

以前は道中が締まった展開になることが多かったレースだが、近年に関しては
道中で一旦息が入る展開が多くなっていて、上がりでのスピード持続力勝負
という形になりやすい。

この展開では、(持続力を持っていることは条件になるが)道中で比較的楽を
しやすい先行馬有利となり、差し馬がこれを覆すには相当な力量が必要。
(実際にメイショウトウコンやサンライズバッカスというG1級のスピード&
持続力を持った馬でなければほとんど馬券には絡めていない)


好走する条件
・持続力があること


予想

◎ダイシンオレンジ
持続力の裏付けはしっかり持っていて、とにかく平安S&アンタレスSという
同舞台の重賞で勝ち負けした内容を考えれば当然有力。
前々走は休み明け、前走はG1で道中が厳しい流れというように敗因はハッキリ
していて、今回は前半はともかく、道中はもう少し楽になるはずなので、ここは
とりあえず巻き返しが期待できる場面。

○マチカネニホンバレ
前半飛ばす形からでもしっかりと余力が残り、持久力の高さでは上の存在。
レースを通して持続するイメージとは少し違うので、関西圏では京都1900mや
阪神2000mの方が合うとは思うが、さすがにここでは上位争いしてきそう。

▲サクラロミオ
前走は(展開的に仕方ないの部分もあるのだが)前半で脚を使い過ぎの内容で、
完全に自身の型を崩した形での敗戦だったため度外視できる。
道中~上がりの持続力という、自身の持ち味を活かしやすい舞台に替わっての
巻き返しに期待したい。

注インバルコ
前走は確かに強い内容で、ここでも地力上位だとは思うが、タイプ的にここの
前半で引っ張られる展開では、上がりで再度速い脚を使う…というイメージに
どうしてもならない。なだれ込むところまで。

△ナニハトモアレ
重賞で好走できていた時期と比べると、近走は明らかに前半で脚を使い過ぎの
内容で、終いが甘くなっている。
逆に言えば後方ポツンという形になっても、しっかり前半を受け流すことさえ
出来れば上位浮上もあり得て、この手替わりはその可能性を少し感じさせる。

☆ピイラニハイウェイ
ここ2戦は、前半で引っ張られる形からでも最後まで良い粘りを見せていて、
ここでもある程度上位に残る可能性は十分ありそう。

☆タマモクリエイト
持続力はある程度のものを見せている馬で、舞台自体はおそらく合っているので
内枠を活かして上位に近いところにいる可能性はありそう。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事