2011年1月6日木曜日

京都金杯回顧 2011


レース総括
■緩い流れから、上がりはロングスパート気味の展開
■末脚の持続力が問われた


京都金杯結果
シルポート1.33.4 34.6 01-01
ガルボ1.33.4 34.4 02-02
ライブコンサート1.33.6 34.1 04-03
リーチザクラウン1.33.8 33.9 06-05
ネオヴァンドーム1.34.1 34.4 04-05

天候:曇 芝:良
上り4F:46.0 3F:34.6
前半4F:47.4
12.3-11.3-11.8-12.0-11.4-11.2-11.4-12.0




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半遅く、道中は一旦落ち着く展開で、ラスト4Fから
加速する上がりの速い形。

今回のラップを見てまず気づくことは、昨年の富士Sにかなり近い形になって
いることで、そう考えると2、3着が(順序が入替わって)同じ2頭というのも
納得できる。

'10富士S 12.1-11.2-11.7-11.8-11.5-11.1-11.2-12.2

当然適性面でも似ていて、前半が速くないために持久力という点ではそれほど
問われなかったが、後半の仕掛けが早く、末脚の持続力を備えていることが重要
となり、一瞬の切れ味タイプが最後伸び切れないという部分もあったはず。

今回は、スローから脚質的にも結局前の馬が残ったというレースで、地力という
点でどこまで信用できるかは微妙だが、マイルでは必須の持続力という部分は
一応問われているので、適性面ではこの先の1つの裏付けにはなっていきそう。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

シルポート
完全に上がりのみだと、この馬では対応できない末脚を使う馬も出てくるため、
ラスト3Fの戦いを避け、早仕掛けでこの馬の持続力を活かし切った鞍上の騎乗が
大きかった。
自分でペースを作れる以上、当然この先も今回の再現はあり得るが、スタートの
ダッシュがそこまで速い馬ではないだけに、マイル戦では逃げられずに場合に
よっては周って来るだけになる可能性もあり、その点だけは注意しておきたい。

リーチザクラウン
内をしっかり回して、上がりでは一応浮上してきたが、ラスト1Fの部分では結局
前の馬と同じ脚になっていて、やはりマイルでのレースを通した持続力という点
では少しイメージがズレているように感じてしまう…。
もちろん昨年のマイラーズCのように、ラスト3Fでの切れ味という勝負であれば
この先の活躍も期待できるだろうが、G1などで道中が締まった展開になった
場合には、少し厳しくなりそうな雰囲気。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事