2011年4月2日土曜日

中山牝馬S@阪神競馬場展望 2011


予想
先週は3鞍も施行された条件だが、それを見れば何はともあれ決め手重視という
舞台であることに違いはない。
展開的に前半で多少引っ張られる形になる可能性はあるので、一定以上の水準を
クリアできることを前提に、終いをしっかり伸び切れるタイプ中心で考えたい。

◎ブロードストリート
この舞台に当てはまる条件で履歴を洗えば、結局この馬のローズSの内容の右に
出るものはなくて、一定の水準から終いを伸び切ることが身上のこの馬にとって
思い掛けなくベストな条件が巡ってきた…という場面。
鞍上も戻ったし、ここは素直に巻き返しに期待したい。

○ヒカルアマランサス
決め手という部分ではもちろん上の存在で、持久力という点でも、昨秋以降1つ
上の段階に入った印象はあるので、前半で引っ張られる形になってもおそらく
問題はないはず。
単純に今回は相手の方に期待してみたいというだけ。

▲プロヴィナージュ
決め手というよりも先行力&持続力というタイプではあるが、牝馬の中での地力
ではさすがに上の存在だし、この馬の特性をしっかり捉えている鞍上なだけに、
単なる切れ味勝負にはさせないだろう。

注ワイルドラズベリー
終いを伸び切るという部分ではあと1つの印象ではあるが、前半で引っ張られた
場合に確実に浮上できる強さを持っていて、極端に緩くならなければここでも
好走はしてきそう。あとは休み明けの状態次第。

△アプリコットフィズ
地力という点ではもちろん上位だと思うが、未だにまともに速い上がりは使えて
いないように、終いを伸び切るというイメージの馬ではないので、この舞台への
適性は微妙に思える。
ある程度引っ張られる展開になれば…といったところ。

△クーデグレイス
レベルの高い内容を示したことがある舞台で、斤量が52kgなら本来は狙い目に
なる場面だが、現時点での状態面がどうしても信用できない。
とりあえずはキッチリ絞れていれば拾いたい…という感覚。

△アドマイヤテンバ
前走は道中こそ落ち着いたものの、前半でかなり脚を使っている内容でしっかり
押し切っていて、パフォーマンスとしてはある程度高いものだった。
同じ内容で凌ぎ切れるメンバーという感じではないが、好走は出来ていいはず。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事