2014年2月26日水曜日

フェブラリーS回顧 2014


レース総括
■前半~道中がかなり遅く、勝負所でしっかり加速する展開
■切れが問われた


フェブラリーS結果
コパノリッキー1.36.0 35.3 02-02
ホッコータルマエ1.36.1 35.1 05-05
ベルシャザール1.36.4 35.1 12-11
ノーザンリバー1.36.4 35.4 05-05
ブライトライン1.36.5 35.5 07-05
ワンダーアキュート1.36.5 35.2 07-11

天候:晴 ダート:良
上り4F:48.0 3F:35.4
前半4F:48.0
12.4-11.3-11.8-12.5-12.6-12.0-11.5-11.9




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半をこのレースとしてはゆったりした入り方をして、
道中はさらに流れが落ち着き、勝負所ではしっかりと加速して、上がりがかなり
速くなる形。

とにかく今回は、前後半が完全にイーブンという異例中の異例…と言える展開に
なって、このレベルの馬たちがこれだけゆったりと進めた訳なので、各馬十分に
余力を残して勝負所を迎えたはずで、16頭中14頭が35秒台で上がっているように
ほとんど切れのみの戦いだった。

この展開だと、純粋に"上がり性能"という部分での裏付けにはなるが、地力の
面でこの先のレースにつながるか?…は大いに疑問だし、少なくともこのレース
のみを理由にしての信頼とかはハッキリ難しそう。
あくまで適性面での参考レース…という扱いにしておきたい感覚。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

コパノリッキー
元々世代トップにいた馬なので、復帰後3戦目で状態面がしっかり上向いてきた
…というのならとりあえずは納得できるし、適性的にもホッコータルマエ向きの
切れ勝負で最後粘り切った…ということは評価しておきたいところ。
(性能面ではやはり高いレベルにはある…と言えそう)
それでも、今のところ古馬G1級の地力を示したとは、さすがにこのレースのみ
からは判断できないので、この先、まずはその点をしっかりと確認したい。

ホッコータルマエ
勝ち馬と比較して、勝負所で何頭分か外から、1つ早いタイミングで仕掛けた形
だったとは言え、ラスト1Fで少しフワッとして差し切れず、今回もJCダートと
同様に、終いを伸び切る…という点に少し課題を残した格好。
それでもこの先のレースでは、持久力の部分で勝負すればいい(と言うか、勝負
することになる)ので、この敗戦を特に気にする必要はないし、適性面で舞台を
選ぶものの、当然中心的な存在として期待していいはず。
(ラスト伸び切れない…というのはドバイに向けては不安材料ではある)

ベルシャザール
このレースをあの位置取りから勝ち切るには、最低でも34.7秒の上がりが必要
だった訳だし、それも大外を回しつつ…なので、単純にこれは無理な話。
それでも最後はしっかり複勝圏内まで浮上したこと自体、この馬の性能の高さを
示しているし、この先の活躍も十分に期待できそう。
とりあえずドバイに関しては、ホッコータルマエよりもこの馬の方に分があり
そうだし、当然応援したい気持ち。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事